行ってきました 葛飾、柴又へ !!

日本に到着の翌日 時差ぼけ直しに 「葛飾、柴又、寅さんの故郷に」行きました。
この頃は体の調整の為にしています、誰にも会わずに気ままに一日を過ごすといいますこと。
昨年は スカイツリー の 出来上がり寸前を見、その前の年は 祖母につれられてよく行った
「巣鴨地蔵尊」、とこの頃は昔帰りの東京第一日です、柴又はまだ一度も行かずに居ましたので この際にと思って一人で 心許ない地理不案内の東京、下町 を目指しました。
期待にたがわず 昔の良き思い出を観る事が出来ました、寅さん 物語のせいかこの町は懐かしい様な、見た事有るような、そして とらや の草だんご屋さんの店先から 寅さんが、さくらが、おいちゃん。が おばちゃん が出てきそうな雰囲気でしたね、楽しく過ごしてきました。
a0048958_14263337.jpg

京成 金町から次が 柴又駅です、「寅さん一色の町」。
a0048958_1426518.jpg

駅前にある 寅さんの実物大 銅像です、かばんまでが懐かしい。
a0048958_1427798.jpg

帝釈天参道です、両側には店が並んでいますが 草団子やさん と 川魚さんのお料理やさんが多いですね。
a0048958_14272294.jpg

高木屋さん 4代続いたお店だそうでここで名物の草団子を帰りに食べました。
a0048958_14273789.jpg
a0048958_1428757.jpg

可愛い 保育園の園児さんたち、今散歩の帰りだそうです、皆外遊びが大好きですね、この中には将来の さくらちゃん、寅さん。これはちっと親には心配の種ですが、いますね。
a0048958_14282260.jpg

帝釈天の本殿です、この中から今にも 御前さまがお出でになられて 寅のどうしようも無い悪戯を注意なさるような気がします。
a0048958_14283915.jpg

「川甚」です、川魚料理が有名なお店でして、寅さんの妹 さくら と その婿殿 博が結婚披露宴を挙げたお店ですと、物語と現実が交錯した とても不思議な町。
a0048958_1428546.jpg
a0048958_14291334.jpg
a0048958_14292930.jpg

「矢切の渡し」です、向こう側は千葉県です この 江戸川 をはさんでこちら側
東京、葛飾の柴又、乗船時間は5分ですが船頭さんはゆっくりと川面をじぐざくに漕いできます
20人ほどの中高年の方の団体です、こちら岸に着いたら 皆で 矢切の渡し の歌詞が彫ってある
石碑の前で合唱をしていました が 写真を撮りたかったんですが遠慮をしました、中高年は今一番元気ですね、ちなみに 乗船料金は 大人200円、子供100円。それに花を添えるように菖蒲の黄色の色が岸辺に咲いていました。最後は 高木屋さんで 頂いた名物の 草団子ちょっと食べ初めて気がついて撮影(笑)、
a0048958_14295012.jpg

最後の画像はこの 柴又周辺の散策路と案内板、山田洋次監督は良い映画を撮ってくださった。
又最近亡くなられた 三国連太郎さんと(浜ちゃんこと)西田敏行さん の 「釣りバカ日誌」 もよかったですね。

スライドショーになっています、開いてクリックをしていただくとスライドショーで見ていただけます。

2013年5月26日

[PR]
by ustomi | 2013-05-27 14:30 | 2013年 5月!!
<< 眠れぬままに~。 桜祭りの マーチングバンド と... >>