クレムリン宮殿の中庭 出入りは自由です;

本日は 朝から クレムリン宮殿内の散歩と見学です。
お天気は晴れで 初夏らしい爽やかな一日の始まりです、皆 それぞれの組に分かれて 大体15人くらいが 一束(笑)、私達の 組のガイドは 若いロシア人女性、案外と造詣が深く何を質問しても答えてくれます。
ここで 一つ 冬に来たアメリカン人観光客の話をしていました、この寒い モスクワで 彼は
半パンツ(半ズボンの事ですが US では皆ズボンを パンツ と呼びます、前置きが長い....
その観光客は 半パンツとTシャツ に上着を羽織って来たそうです で 彼女は 彼にそれでは寒いから着る物を変えてきてと言ったところ彼は 俺は何時も冬はこれで過ごすと言いまして聞かなかったそうで そのまま 赤の広場 に着いたそうですが、さすが モスクワの冬です彼は我慢ができずに タクシー を呼んでくれとと頼んだそうですが 赤の広場 の近辺は タクシー の乗り入れは禁止されているそうで 又一手間かかって 通りまで出て タクシーを拾ったと 苦労話を聞かされました が 幸い 私達のグループにはそんなわけのわからないのが居ないので助かりました。
それにしても 私は何回もこの様な旅行をしているのですが 何故か現地のガイドがつくんですね
何故か その理由を聞きましたら これは ガイドの労働組合の為に ガイドは必ず現地の人を
雇わなければならないそうです(一つ勉強;)。 

a0048958_347332.jpg
a0048958_3472273.jpg

この 塔 は 「救世主塔」 クレムリンの外壁の角にあります。
a0048958_3474044.jpg

上の 3枚の画像は クレムリン宮殿 の外壁ですべて赤い色でです、この理由を聞いたのですが
忘れて 後でわかったら足します、一つの画像に 私達グループが頭だけ写っています。

a0048958_14475212.jpg

a0048958_14485348.jpg

上の2枚の画像は クレムリン宮殿の入り口の門柱と囲いですか?これも中々芸術的;
a0048958_14502872.jpg

親子連れに会いました 余り子供づれは少なくて、それに ロシア の典型的なご家族と思いまして
頼んで写させて頂いたのですが双方言葉が分からないんですね、私は 筆談で「私は USA から来たと」後は手振り身振りの それこそボデイ ラウンゲージ ですね、お父さんが分かって呉れまして、皆が仲良く並んだ家族写真が出来上がりました、サンキュウー と握手をして分かれたのですが今日は 日曜日家族で クレムリン宮殿 を訪ねて来たのでしょう、皆が少し幸せになり経済状態も良くなったな~と感慨にふけりました。

a0048958_3475963.jpg
a0048958_3481544.jpg

2枚の画像は クレムリン宮殿内にあります 教会です、特に下の画像は 「救世主 ハリスト
大聖堂」。
a0048958_3483253.jpg
a0048958_3484652.jpg
a0048958_349375.jpg
a0048958_3491883.jpg
a0048958_3493420.jpg

a0048958_3495010.jpg

クレムリン 宮殿内 にある 一度も鳴らすことなく欠けた鐘です、本当に鳴らしたら 500キロ先まで音が届くと言われています。
又 大砲は かっての 内戦の折のに使用した大砲だそうで今では触って当時を偲べと言いますのでしょうか、兎に角この国は大きいのが何でも大好きなんだ。
皆さん 大砲の前で写真を撮るのがお好きです、又 家族で来ている土地の人々平和ですね...
でも 今日 インターネット で読んだのですが 例の開会式の 5大陸の象徴 オリンピックの
一部が開かなかったですね、それで その担当者がホテルで変死をしているとの事でした
と 何か不気味です、アメリカだったら笑って済ますところを、この折に プーチン大統領は激怒したと書いてありました。
a0048958_350391.jpg

ここは クレムリン内の 中枢のビルデイングです、このビルで おおよその ロシアの政治の方向が決まるのでしょうね、 毎日 この オフイスに プーチン大統領も出勤なさるそうです。

クレムリン宮殿内 の ご案内は未だ続きます、又お越し下さい。
[PR]
by ustomi | 2014-02-14 03:51 | 2014年 2月!!
<< まだ クレムリン宮殿近所を ウ... プーシキン が生まれた、そして... >>