「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:2013年 3月!!( 3 )

お・ん・な・の 甲斐性!?

今回は ロシアの第一代 皇帝にまつわるお話です.....。
といいましても これは ピヨートル一世 の 第二の妻となった 「エカテリーナ」 の数奇な運命と共にその出自からは想像できない未来が待っていたといいますこと。

a0048958_14251079.jpg

こちらは モスクワからサントペテルスベルグ までの12日間の リバークルーズ の始まりの時に初めて乗船する時の模様です、ロシアでは 客は パンと塩 で迎えるそうです、今 アコーデイオン弾きと共に皆にウエルカムのしるしを渡している ”オルガ” です ロシア衣装は彩りも華やかで良いですね、と これは モスクワですが、次からの掲載は サントペテルスベルグ の
”夏の宮殿” です。
a0048958_14252984.jpg
a0048958_1425497.jpg

かの有名な エルミタージュ宮殿 でなく こちらは ”Summer Palace” と言いましてピヨートル大帝 と エアテリーナ妃 が夏を過ごした宮殿で サントペテルスベルグから25キロ東北に有ります、最初はそれほどではなかったのですが この ロココ調 の建築は彼女の娘によって
なを ヨーロッパ風に改築されたものだそうです。
a0048958_14261068.jpg

さてこちらが今回の 「女の甲斐性」主人公(笑)」 この 豪華な宮殿はこのお方のために ピヨートル大帝が建てられたと説明があった時の私達同行の仲間10人ほどは 一斉に ドヨメキ ました、この肖像画から見る限り 時の大権力者の好みが分かりませんでしたね、彼女は 農奴の両親から生まれました、その後 騎兵隊の兵士と結婚、またその後 ロシア軍の将校の妾となり、又その後
将軍の使用人か妾となったといいます その後この将軍によって ピヨートル大帝に献上されたのが彼女の大帝の妃への道へとの歩みが始まるのです。
しかし彼女も単に農夫の子ではなく父親から牧師に引き取られて教育は施されていました、ドイツ語できるそうですね、しかし この肖像画からは 田舎の体格の良いおばさんが豪華な衣装を着けて
誰だろうと説明を受けるまでは皆が分かりませんでした と 何故に彼女はこのピヨートルに気に入られたかと言いますと大変気働きのする人で 癇癪もちの ピヨートル が今何を欲するのか先に
気が付きいつも彼の機嫌が悪くなる前に解決していたそうですが、やはり寄る年波には勝てず人生の中年半ばからは大帝に疎まれてその最後を終わったとのことです。
生まれは:1684年、死去は:1727年です、娘 エリザベータ は後の エカテリーナ2世です
ただし その前に母親が ピヨートル大帝死後 エカテリーナ大帝一世を名乗り政治をつかさどっています。
a0048958_14262717.jpg

こちらが 例の癇癪もちの ピヨートル大帝です、どの肖像画を見ても中々の美男ですね、最初の妻は ”エヴドキャ・ロプヒーナ” この人は親族ともども信仰心が深く 又 ピヨートルは彼女の頑迷固陋な性格に飽き 愛妾の アンナ モス をそばに常に置き寵愛したそうです。
しかし エヴドキャは ピヨートルとの間に男子ばかり3人をもうけたのですが、2人は夭折、長男の アレクセイ
が残ったのですが、ピヨートルはこの長男が自分に反乱してとの理由で捕らえて獄中にて拷問の末に殺してしまい、他方 最初の妻 エヴドキャ を スーダリー(ウラジミール州・モスクワの東から26キロの地点ある) 修道院に放逐、幽閉 しました、それで 2番目の妻が エカテリーナ と言いますわけです、なを この修道院 スーダリー か下に画像があります。
a0048958_14264843.jpg

宮殿内の壁の 明かり台。
a0048958_1427650.jpg

今ごらんになって居ますのは 舞踏会などに使用する 「黄金の間」 この日の 3日前に 
’エルトン ジョン” が ロシアの 恵まれない子供達の為にと 慈善演奏会 を開催したそうで
未だその名残の後が散らかっていました。
a0048958_14272364.jpg
a0048958_1427477.jpg
a0048958_1428443.jpg
a0048958_14283614.jpg

宮殿内の 緑の部屋、ブルーの部屋など と天井の絵画 本当に贅の限りを尽くした建築物、これではロシア国民は税に苦しめられて 最後には 革命が起きるわけですわー。
a0048958_14285981.jpg

庭園内にある見事な池です、今は革命政府後は観光用に開放されて観覧料で かって 暴君たちも後世に財産を残してくれたのかも知れません、アメリカにはこの様な歴史的建造物は皆無...自然が皆を迎えています。
a0048958_14291630.jpg

ここが 最初の妻 エヴドキャ が流された スーダリー寺院、今は 「ユネスコ世界遺産」となっていますが 淋しい街で 人口は1万2千人くらいです、ここを案内してくれた ”オルガ”の家で
お母さん手作りのロシアンスタイルの夕食をご馳走になり ウオッカの飲み比べで大変でした
オルガは学校の先生で 夏休みはアルバイトに旅行ガイドをしています、又 彼女の母親も先生でした が ドイツ語、イタリア語 は出来るのですが英語は出来ませんから彼女の通訳でして
アメリカ人は ゴルバチョフ が好きですから 彼の事をほめたらこのお母さん 「ニエット」
と言いましてあの男はロシア国家を売ったとののしって居ましたので私達はこれ以上は話題をそらせたのですが、今のロシアは本当に西欧化してまた世界と交流して国民は豊かになり と もともと
周辺国を自国に併合したのですから返しても当たり前なのではと思いました、国はその国の人々と話さなければ勉強になりません。
a0048958_14383770.jpg

バイオリン弾きのお嬢さん; エカテリーナ宮殿のそばで、
この エカテリーナ宮殿は 私は2度目で 去る 12年前の「バルト海クルーズ」 と今回の川のクルーズです、だんだんきれいになり、便利になりと西欧化してゆきます。
[PR]
by ustomi | 2013-04-05 14:08 | 2013年 3月!!

東北大震災のためのコンサート;

昨日 3月17日 は日曜日で、(セント パトリック デイ) でした。
教会は プロテスタント なので何もお祝いはなしですが、 ニュースで シカゴ川は 緑色に染められて流れていますの見まして かって住んだかの地を懐かしく思い出しました。

さて 私たちの 兄弟教会 WEST LA Holiness Church で東北を応援するための募金の運動のための音楽界があり 非常に楽しいひととき を過ごしました が今回は私は礼拝の帰宅途中なので カメラの中にメモリーカード が充分でなく残念な事に 一枚しかムービーは撮れませんでしたが、やはりこの素晴らしい
チェロとピアノ 演奏をお届けしたくて。


a0048958_14414662.jpg

こちらは ピアノ と チエロ に依る ”Apres une Reve” でとてもお聞きになって何時も聞いているなと思われる曲です、最後の 動画にて演奏を致していますのご覧下さい。
ピアノは テイラーさん、チエロ は ダニカ嬢 です。


a0048958_1442175.jpg

こちらは 二つのピアノのためにの曲 ”リストのエチュード#11. ベトーベン の ピアノコンチェルト #1” の2曲を演奏してくださいました、若い人は ショウタローさん、未だ学生です、もう一方は マイケルさん、この方は 低音部門を弾かれて、ショウタローさんは 高音部分をうけもたれてと息の合った素晴らしい演奏でした ちなみに1曲が20分でしょうか...堪しました。ただ残念なことで 私のカメラのメモリー カードが足りずに録音できませんでした。 
a0048958_14424973.jpg

今が季節の 藤の花です 教会の隣の家に咲いていました、毎年撮らせて頂いています。
[PR]
by ustomi | 2013-03-19 14:43 | 2013年 3月!!

急に夏が来た LA です;

スライドショー でごらん下さい、Hollywood の山のむこう 我が家から15分の Freewayのところにあります 「Balboa Park」 今日が一番の盛りでしたね、今年は運がよかった。
桜の花の 大山盛りです 隣には Sepulveda Damがあり と スポーツやゴルフはたまたピクニックに最適 ですが 食べ物 飲み物 の持ち込みは禁止ですから、この桜の花の下での宴会はご法度。

a0048958_123057.jpg

なを この中の格好のよい桜を一本取り出しました、この桜の植樹は在る日本企業が匿名を条件にして Van Nuys 市に許可をしてもらい、以後も毎年300本以上の木が贈呈されています と もう20年は経っていますから木の幹も太くなり若木と一緒に満開です。

スライドショーでご覧下さい、画像の上をクリックしますと始まります。
2013年3月12日




a0048958_12304688.jpg

こちらは トランッペット ツリー(トランペットのかたちがした花びらでして)、5月に咲く
「Jacaranda」 とは又違います、花の季節は1月末から5月まで で 丁度 「Jacaranda」の花が咲く頃は散ります、と 少し 間違えそうですがまったくの別種、これは我が家の近辺の道路に
並木の木と使用されています、芳しい匂いがします。

急に夏が来た LA です、これから桜や季節の花の コラージュ仕立てを掲載いたします。
さしあたって明日は Van Nuys の 「Balbor PArk」でも行こうかな?仕事は溜まっているんだけれども、頭を使うので息抜きに先に行きます、書き物。


a0048958_14543394.jpg

こちらの コラージュ仕立ての画像は 最初は時計回りに小さい花びらがつき始めてその内に満開になりますと、この様な重たげな花びらで道行く人々を楽しませてくれます、と ご近所の方は路上に落ちた花びらが べとつき掃除に困るとの事。
[PR]
by ustomi | 2013-03-12 14:58 | 2013年 3月!!