カテゴリ:2014年 9月!!( 3 )

エンデバー号 の 最後の姿。#1

Los Angeles 市立 科学博物館 に併設されています 「航空博物館」内に 2012年 10月から
展示されています 「エンデバー号」 のご紹介です。
この エンデバー号 は去る 2012年にアメリカ国家は将来 宇宙開発の停止を決めてその
姿を皆に見ていただきたくて、各地に他の スペースシャトル と同じ様に ここ ロスアンジェルスに お役目を終えた 「エンデバー号」を展示した次第です。
また 「デスカバリー」は ”ワシントン DC の スミソニアン」に展示、アトランテスは
フロリダ 「ケネデイ宇宙センター」 に展示しています。

a0048958_4381749.jpg

ようこそ 「エンデバー号」の展示場にと言いますことでしょうか?。
a0048958_4383841.jpg

エンデバー号 の全景です、大きくて カメラに収まりませんので後方から撮りました。
この シャトル には 毛利衛さん、若田光一さん、ダニエル タニ(日系人)、土井隆雄さん、
などなどが 乗船しました。
a0048958_12114687.jpg

エンデバー号 の前方部分。
a0048958_4385583.jpg

後方部分で 排気口です、巨大なものです。
a0048958_4393215.jpg

2012年 10月に フロリダ ケネデイ宇宙センターから United Air Line 747 の背中に
つけて各州の主要都市を廻り ここ ロスアンジェルス国際空港に着陸して、これから展示場の
サイセンス博物館に トヨタのトラックに引かれて向かうところです。

上記のムービー は博物館にて上映している 運搬の様子です、約 2日半かかって 空港から到着です、 が 色々なトラブルを起こしながらの牽引です、道添の木々を切り払い、電柱を排除し
電線を切りと 大変でした、私は テレビで見ていたのですが 昼夜兼行です、兎に角無事に
航空博物館に 3日目の夕方に到着。画像をは早回しです がこの距離は車ですと20分位の処です。
a0048958_4395438.jpg

これは 地球です 宇宙船から見た、 かの有名な 言葉、最初の有人飛行に成功した ロシア人
の ”ガガリーン少佐の” 「地球は青かった」ですが これは正しくなく 彼は「周りは暗く地球は
薄い空色」と報告したそうです、あれから幾年月 今では ロシアだけがこの プロジェクトを続けて居ます、それで 多数の宇宙飛行士は皆 ロシアの スペースシャトル に乗り アメリカは
長期滞在する人(空のプラットフォーム) に物資を運ぶだけになりました。
a0048958_4401164.jpg

a0048958_4403317.jpg

館内に有ります 飛行機の見本ですが実物です。

Published by デジブック
こちらは 各 スペースシャトル に乗られた乗船者です、初めから三枚目の画像は
悲劇の 1986年1月28日 に 打ち上げ直後に爆発しました、「チャレンジャー号」の乗組員の方達です、あの映像はこちら西海岸で朝の8時のニュースで実況しているときに見ました その衝撃は
心が凍るようでした、今でも私達は忘れません。

a0048958_4391037.jpg

この画像は お借りしました、 私達が丁度 オレゴン州 の 「クレーター湖」へ旅行の帰りに
サンフランシコの ゴールデンゲート で 見ました が車の中なので写真が撮れずに残念がったときの画像が偶然見つかってので借りました、この 「エンデバー号」は各都市の上空を廻って
フロリダ ケープカナベラル から ロスアンジェルスに運ばれて来たのです、各都市の人々は
きっと目にしたことでしょう。

未だ続きが有ります #2にてご紹介します、ケネデイ宇宙センター の内部やその他もろもろです。
又 お越しいただきたくお待ちいたしています

[PR]
by ustomi | 2014-10-16 14:27 | 2014年 9月!!

Griffith Observatory, in LA.

グリフィス 天文台のご紹介です、これは わが家からも朝晩見ています風景です。
この グリフイス公園の歴史をお話ししますと、遡ること 1896年の クリスマス プレゼントと
して グリフイス、ジエンキンス・グリフイス氏が ロスアンジェルス市に寄付をいたしました。
この山全体の広さは 約 3.015エーカー (東京ドーム261個分です}。
天文台の他に 野外劇場{グリフイス シアター)動物園、ゴルフ場、ミユーウジアム、乗り物展示場(主に古き良き時代の列車)、広大な ピクニック エリア、などなどあります。
ところが この寄贈者 グリフイス氏は重大な罪を犯しました、それは 自分の妻を拳銃で撃ったのです、サンタモニカの高級ホテルで、その時に彼は相当酒を呑んで酩酊していました が 準殺人罪
に問われて 「サン・クエンテイン刑務所」に収監されて2年間の刑に服しました、今もこの刑務所は存在して 主に 死刑囚 を収容しています。
といいますわけで 彼は出所後 1912年 に この天文台の建設を申し出たのですが 犯罪者の名前を冠するのはと反対があり 彼の死後 グリフイス財団が出来それで 1935年に天文台ができました。

a0048958_2185725.jpg

a0048958_1485157.jpg

上の2枚の画像は この度改装された 天文台です、ここからは 遠く”Long Beach” が晴れた日には見えます が今日は暑い気温の為にスモッグが多くて、冬のキーンと晴れた夜は素晴らしい夜景が見られます、LA は街並みが碁盤の目の様になって居ますからそれは息を呑むほどです、香港、リオデジャネイロ、などの夜景とは比べようも無い広大な光の景色です。
改造は2006年の前 約4年かけて改装されたので 私達は10年くらいは行くことが出来ませんでした。
a0048958_224417.jpg

天文台側から見た HOLLYWOOD の大看板、ここの下まで徒歩でハイキング気分で行けます
a0048958_2193339.jpg

ロスアンジェルス の ダウンタウンのビル群です、 一番中心地で官庁、商社、証言業界、などなど が ひしめいている一画で、すべての役所機能などが有る地域、日本人街もこの近くです が
本日は スモッグの為にすべてが霞んで見えます。
a0048958_1493122.jpg

この方角は ベバリーヒルス、サンタモニカ方面の ビル群です、又 山の手は 世界に名だたる
ベバリヒルスの高級住宅街が山肌に張り付いて見えます、今は人種を問わずに金さえ有れば帰る住宅地、アメリカは変わりました、黒人大統領の誕生。
私が アメリカに来た当座は思いも及ばなかった事です 大統領になる為の条件は
「ホワイト、プロテスタント教、離婚経験が無い、etc.」 でしたが 初めての キャソリック教徒の大統領は ケネデイ、次に 離婚経験が有る が レーガン、そして 黒人の初めての大統領が
オバマ氏です と 歴史は変わりつつあります。
a0048958_1410642.jpg

ジエーム デイーン がここで撮影した ”理由なき反抗” の記念の胸像です、昔の話ですね
私はこの映画は見て居ませんし、未だ日本に居たしで、他に数本の映画の撮影が有りました。

a0048958_14103492.jpg

後ろの山全体が グリフイス公園です、一番奥は違いますが、ここの 望遠鏡で見ますと
ドジャース球場が見えます と 中国人街も良く見えます。

a0048958_14105542.jpg

通りすがりの方が連れていた 犬です、この犬を撮らせてもらった時に聞いたのですが この犬種は吠えないかと聞いたらやっぱり吠えますんですと、スピッツだからね、綺麗に手入れをして、でも私には撫でても吠えませんでしたけれど、犬好きは分かるのかな~?
a0048958_14112115.jpg

これは 天文台の正面に有る 歴代の天文学者の彫刻です、中には BC なんてのも有る方が居ます、今こちらを向いているのは 誰でもご存知の ”ガリレオ”ですね。
このお方は イタリア トスカーナ地方の ピサ で1564年に生まれました、そして 1642年に没しました フイレンッツで。 専門は 天文学、物理学、哲学です。
なを ピサ の斜塔の隣に有ります 教会に下記にお見せする 時短 の振子が有りましたね、彼の故郷ですから

a0048958_14121226.jpg

天空の星空です なんと素晴らしい景色と色合いでしょう、この天文台には プラネタリュム が有ります、今回は時間の都合で見ませんでしたが 宇宙とはと言います神秘に出会えます。
a0048958_12342565.jpg

この夜景の中の グリフイス天文台 の画像を広告からおかりしました。
a0048958_12345881.jpg

Griffith Thater です 此処は野外劇場で 山の斜面を上手に使い階段状の劇場です、LA なればこその劇場ですね 雨がないこれが一番の武器、これと同じのが Hollywood Bowl です あちらはもう少し規模が大きいです、こちらは でも有名歌手やロックバンドの演奏が季節的に
6月から10月まで公演があります、ここで前に セクシイーチョコレートと言われた ハリー ベラフオンテなどなど沢山の公園を聞きにきました。今は寄る年波で余り夜が出たくなく色々な催しが有るのですがひとっ走りで行けるのですが怠けています。





この振子は 地球 の磁気で動いて居ます、見ていると少しづつ振子が廻って行きます 一回りすると24時間(一日です)さすがそれを見届けることは無いですが(笑) 先に書きました ピサの斜塔の隣の教会にこれと同じものが設置されて居ます、それは ガレリオ の生地だからです。




もう一つ こちらは 模型で見せています 地球の周りを太陽が廻ってゆく過程でしょう、朝が来て
ひが沈むまでの模様です 見ていると飽きません


a0048958_14114144.jpg

この計測器は 太陽の光で時間がわかると言います器械、宇宙の素晴らしさを体験できます。
a0048958_1239478.jpg

さて 最後に この素晴らしい Griffith Park を 私達 LA 市民に贈って下さったお方
Griffith氏の画像です。
経歴は 彼は 1850年代に 英国 ウエールズに生まれ 10代の時にアメリカに移民、それから
貧困の中 鉱山記者、鉱山アドバイザー などを経て メキシコの銀山で成功して富豪になり
1882年 ロスアンジェルスに移住 その後は名家の娘と結婚し、さらに 有り余る富を私達に
贈り 感謝です が その後がいけない 彼は禁酒かを装って居ましたが相当の酒飲みで、お酒を呑むと 偏執性妄想 に陥る癖があり 妻を拳銃で撃つと言います発狂状態を起こしました、
幸い撃たれた妻は 片目を失いましたが命は助かったそうです。
で その後名誉挽回の為に この 天文台の建設を申し出て反対されて失意の内に1919年に亡くなりました、合掌。

[PR]
by ustomi | 2014-09-27 02:12 | 2014年 9月!!

Grand Canyon ・ West Rim;

毎年 恒例の私たちグループで行く2泊3日の Las Vegas行きです。
皆さん 普段からお付き合いが有りまして、毎回皆が持ち寄りのご馳走でお腹が到着するまでに一杯になりました。
列記すると、ビール、焼酎?、ソフトドリンク、手製の高菜すし、ビーフジャーキー、アンパン(これが中国街のパンヤからで元々大きいのに誰かが間違えてその上に座ってしまい赤ん坊の顔のような大きさ)、また 手製のあんまん、霰、煎餅、クッキー、こう並べてみてもまだまだです、出発からもうお祭り気分で和気藹々、もちろん英語と和歌山弁、標準語までと、毎年この旅行は楽しみです
そして皆さん 2泊3日の内に大概は Las Vegasに貯金です。
私達は2日目の朝に Grand Canyon・West Rim に行きました。

a0048958_1321954.jpg

グランドキャニオン の 西に位置する 「West Rim」 です、ここは国立公園ではありません。「フアラバイ インデイアン居留地」と言いますことはアメリカ国家が インデイアン部族に
与えた土地なのです。
しかし上部の ジュシア ツリー以外は何も育たない土地で 彼らは牛を飼って農耕で生計を立てていますが、最近は政府の援助によりこのような ”ガラスの回廊が”が7年前に完成し、皆が訪れるようになりました、
高さは 下を流れる コロラド川から 4.000フイート(1230㍍)の場所にあり 全面ガラス張りです、側面も下の回廊の歩く道もすべてです、入場は何も持って入ることが出来ずに写真も撮れません
また 靴の上にはカバーをすることが義務付けられていますし、この回廊に入る前には セキュリテイーマシン 通らなければならないので隠して機器類の持ち込みは禁止ですね、といいますわけで
画像は外部に出たときに写したもの。これは アメリカは テロ行為が多いですからその為です。
なを 7.000トンの重さに耐えられる様に作成されています、商売気が無いのかパンフレットが見当たりませんでした。


a0048958_13365827.jpg

こちら 広告用からおかりしました高所恐怖症 のお方には是非ご覧いただきたく(笑)、皆さん
真ん中を歩いている人少ないですね... 誰でも下を見たら怖くなるんでしょうね、でも私真ん中を歩生きました、少しも怖さが分からずに下は目もくらむような景色;
a0048958_13214161.jpg

この インデイアン リザベーッション の 道案内です が 此処からは普通の車両は入れません
インデイアン の人が運転します 循環バス廻ります、一応 インデイアン居留地への 入場料は
多分 29ドルではと思います、又 ガラスの回廊への入場料はやはり 29ドルになって居ますが
私の調べでは35ドルですが、兎に角私達はバスに乗せてもらってナンボと言います事で詳細は不明です、たぶん今は35ドルが正しいと思います。

a0048958_1322651.jpg

ガラスの 回廊の 入り口の ビルデイング、色はやはりこの地の色に合わせて茶色ですね。
a0048958_13222799.jpg

a0048958_13231327.jpg

上の2枚の画像は インデイアン部族 の昔の住居です、今は観光用で。
又 もう一枚は この土地にある 飛行場です、ラスベガス行きのセスナ機も待機、又観光用の
ヘリコプターも有ります、どこまで飛行するのか聞き漏らしましたが この辺りでしたら余り興奮しませんね、この岩肌には Grand Canyon 独特の色が有りません、モノトーンが多いです、矢張り
Grand Canyon の岩肌の色合いは素晴らしいです何回でも行きたい場所。


a0048958_13233992.jpg

真ん中を流れる茶色の川が コロラドリバー この頃お天気続きで水がきれいでは有りません。


最初にバスが止まった ”Bastow の町です、LAから 約2時間半、みなこのバス ストップ で休憩です、ここから Las Vegas までは もう2時間かかります、昔友人がこの町から LA に毎日働きに来ていました なぜか もう大変だからやめたら良いのにと思って居ましたが、その方も亡くなってね。
さて Las Vegas に着いて明日は 5時半 にバスが迎えに来るので早寝ですね。
途中 フーバーダム に寄りましたが 急な階段を上って トンネルを超えて行かないと ダム が見えません様になりました と昨年とすっかり様変わりですから 何度も見ているので パス。
さて此処からは FWY からハイウエイに入り そして インデイアン リザベーッション の入り口につきます、そこからの景色は一変して 延々と 「ジュシア ツリー」が生える土地になります
ジュシア ツリー は砂漠生える水も必要のない樹木と言いますか カクタス です。
アリゾナ、ネバタ、カリフォルニア、ユタ、のあたりに自生する カクタス、しかし成長は大変遅いです、カリフォルニアは ジュシア ツリー国立公園があります 何回か行きました いつもコヨーテや、キツネ、その他砂漠に生息する動物に会います が 環境局では絶対に人間の食物を上げることは禁じられています、 (これ内緒))昔 コヨーテにクッキーを上げたら喜んで食べてね もし
パークレンジャー に見つかった逮捕の憂き目です。
フアラバイ インデイアン の地区でジュシア ツリー の間に家がところどころに見えます、でも
この町にも ダウンタウン が有ってすべてのお役所機関、裁判所、退役軍人の会館などなど すごいです、とっても小さい町ですが ドライバー はこの場所は ニューヨーク市と同じなんて冗談を言っていました、延々 27マイル の田舎道をくねくね山坂超えて West Rim 到着。 



こちらは 3か所 バスが止まる(インデイアンのです)2番目、 レストランです、バスのドライバーから チケットもらって居ますから 無料です、 チキン か ビーフ ですがこの様な
場所にしては大変美味しい食事でした、その時に写したムービーです 下をコロラド川が流れています、又 皆が思い思いに小山に登ったりしていますが 来るときに ドライバー にこのリザベーッション は網も、柵も ましてや 保険も無いと言われて、でも未だにここから落ちた人は居ないそうで、却って Grand Canyon South Rim では沢山の人々が転落しているそうです(笑)。
こうやって見ていると崖の橋に座って写真を撮っている人が結構いてこちらが恐いと思いました
そうでしょう もし私が足許が悪く坂道だらけの石ころに躓いて滑ってその崖に座っている人に当たったら彼は真っ逆さまで谷底行きですからね。



a0048958_13433519.jpg

こちらは 朝行きがけに撮りました Lake Medow です この湖を堰き止めてできたのが
かの Hoover Dam なのです、このレークの水の75%は Las Vegas で使用しているそうです、又 Hoover Dam で発電する電力の30%は やはり あの不夜城の Las Vegas で使用しています。

a0048958_13435699.jpg

a0048958_13582333.jpg

上の画像は フラファイ インデイアン部落の ジュシア ツリーです、アメリカ国家も土地を分けたと言ってもすべて 不毛地帯です。彼らは 昔から住んで居る土着の人々でこのアメリカは彼らの物だったのですが、ヨーロッパ人が入り込んで悲劇が始まったのです。
a0048958_13584382.jpg

a0048958_1359285.jpg

上記の 2枚の画像は 午後8時の Las Vegas Streep にある エクスカリバー カジノ &
ホテル と マンダレー ホテル & カジノです、何故にこんなに遅くなったかといいますと
インデイアン レザベーッション で男性が一人バスに帰って来ません 荷物は置いてあるのですが
それで私達全員彼を1時間待ちましたが 諦めて出発、今回のバスツアーには ヨーロッパ人が多かったです、その一人です が 後から電話が掛かって来て バス会社の人は彼をむかえに
再びあの田舎道を Las Vegasから行きました と ご苦労な事ですが この男の人だと誰かが
写真撮って居たのを見せて居ました。
この West Rim は Las Vegas から約3時間で着きます、South Rim(皆さんが行かれる
一番素晴らしいところは、5時間かかります)、ここだけでは少し物足りないから South Rim
の帰りに寄ると良いですね。


長い間 West Rim をお付き合い頂き有難うございました。
[PR]
by ustomi | 2014-09-14 13:16 | 2014年 9月!!