「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ある日のショッピングセンター、と 黄色い花木;

いよいよ Los Angeles にも夏が来ました が日中は今日当たりは28度と言います温度ですが
夜は 砂漠地帯なので 大変涼しく寒いくらいの日々です と 日本の方には申し訳ないですが
電力の不安も無くクーラーはいつでも使用可能です。
LA の気候は「地中海型」 と言われた冬はさして寒くなく夏は乾燥して居ますから暑くてもべとつかずです。
又 映画の都と言われる ハリウッド があり、世界で有名な高級住宅地 ビバリーヒルスも控えています と 共に ギャングも横行する街もあり 毎朝にニュースで 撃った撃たれたといいます
ことも有ると何だか 文化、芸術、庶民、そして怖い一面もあると言いますゴチャマゼの楽しい街です、一度お出で下さい、大学も沢山有りと知性も兼ね備えた稀に見る街です。


a0048958_13313915.jpg
a0048958_13315439.jpg

今年は 時期が遅かったようです、ゴールデンレインツリー だけは今が花盛り..... 
a0048958_1332946.jpg
a0048958_13322457.jpg

未だ調べていない 黄色い花木です、1年も経って居るのに 皆に聞いても分からないと言いますこれは園芸やさんか、物知りの経験豊かな年配の方に聞かなければ、未だ一つ残って居るんですがいつもの場所はもう散って居ました 山側近くの街に行けば有るかも...中心地よりもか 温度が10度低いから。

ここは American Shopping Center です この前に グレンデールギャラリヤ と言います広大な三階建てのショピングセンターが有ります、このショッピングセンターには無いものは無いと言われるぐらいに沢山の店舗が入っている 私のお気に入りのギャラリア。
その前に出来たのが この American Center です、 最初は同じものを作るのかと心配してみていましたが やはり私は素人でした。
こちらは 上階は住宅にして2階部分までは商業用にして居ます、コンセプトは 「住んで、楽しんで」と言います娯楽施設込みの住宅をこしらえたわけです、勿論駐車場は無料ですし 前の ”ギャラリア” にも駐車出来一日中無料です、 又このショッピングセンター内には 路面電車が走り客の足となります 勿論無料です とアメリカでは珍しい住宅と店舗が共存したプログラムです。

[PR]
by ustomi | 2011-06-30 07:13 | 2011年5月

6月19日は 「父の日」 とおまけです~。

アメリカでは 6月第三日曜日は 「父の日」です。
教会では お祈りの後に お父さんに感謝の楽しい寸劇劇を笑いと共に楽しみました と 此処にご紹介まで。
もう一つは ミサの時に聖歌隊が 聖歌422「罪をおもいださする」を斉唱致しました。


a0048958_14234415.jpg

教会の友人に頂いた見事な アジサイ の花です、父の日に祭段に飾りました後で...
彼女の庭に咲いているのだそうでそれはそれは 束で見ますと目を見張るほど。

a0048958_1424792.jpg

この花の名前は分かりませんが 近所の家の垣根に絡まらせて居ました可憐な花です。
a0048958_14242835.jpg

午後に友人宅におよばれで バーベーキュー です この肉を男性はきっと5枚ぐらいはとおもって居るのですが おしゃべりに夢中で。
a0048958_14244714.jpg

これは私が食べた量ですよ~ 小食なのです。
a0048958_14245990.jpg

「父の日」 夫にプレゼントです、何時も病院行きを担当で、又過去4年近く心配ばかりをかけてね
最近 車の運転免許証の更新で又新しく交付してくれました、次の更新日は 2016年 です。
夫はこれまで生きて次の更新日を迎えたらだって、やはり心配なのかな~(^0^)へへへ。




父の日の 聖歌422「罪をおもいださする」 です、聖歌と賛美歌と有ります。
聖歌隊の皆さん。


この写真は ミサ が終った後に ホールで女性群が お父さんに感謝を込めて歌いました
「浦島太郎」 の替え歌です、皆毎週日曜日には 聖歌 か賛美歌 を歌いますからそれも5曲は
美声の持ち主です、 Yさんの迷演技もご覧下さい。


~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~この季節は アメリカ では 「Prom」と言いまして高校最後の年で卒業式が6月には各学校目白押しです、高校生 と言いますと 18歳が平均ですと半分子供達ですが半分大人? 勿論18歳は
選挙権ももらえる様になります、ここの境界線が親にとっては心配.... それぞれカレッジか大学か
又は職業に就くわけですからこれで同級生とは別れです、将来の道に進むわけ、ちなみに アメリカは 高校までは義務教育です が結構ドッロプアウトが多く良い仕事に就くチャンスを逃している子も多いです。


a0048958_322694.jpg


こちらの画像は私達の教会に通って居ます高校生と大学生です 先週に卒業祝いを致しました。
今年は少なく 3人でした、 左から”Alison” ”Robert” そして ”Annaさん”この方は大学4年を卒業です、見事なピアノを 聖歌隊 ために弾いてくださいます、又 Alison は UC Irvine で この学校高校全校で10番以内で無いと入れない秀才ばかり....
Annaさんは LB の インテリアデザインを卒業 おめでとう.......。
a0048958_3153820.jpg


こちらは 画像をお借りしました、この様に女性徒は素晴らしいドレスを着て、男子生徒 はブラックタイの正装です、今夜は徹夜でパーテイ、又人生初めての リムジン車に乗せてもらえます、親御さん出費は大変~。
これから ”Prom”めぐりをしてお届けしたいです。
[PR]
by ustomi | 2011-06-22 14:12 | 2011年5月

東京下町風景 と 銀座のチョットの点景。

a0048958_0523210.jpg

浅草寺、雷門 の境内からなんと、なんと、まじかに見えた ”スカイツリー” ここには絶対行きたいと思って ホテルのコンシェージに聞きましたところ ホテルからは新橋駅から浅草線の地下鉄に乗って”本所吾妻橋”で下車と聞かされてなんて遠いかなと思ったのですが、浅草でこんなに間じかに見られるなんて....おせんべい屋の美人女将尋ねたら歩いて30分との事、これはダメだわと思いましたよ、そのときには 人形焼5袋とおせんべい袋10袋なんて持って居ました、ですが女将さん東武電車で業平橋で降りたら分かると教えてくれましたがやっぱり荷物が重くてアキラメました。

a0048958_0524986.jpg

さてこちらは 大阪から帰りの新幹線から撮った富士山でっす、行きは雲で隠れて見えず帰りにやっと拝めた 富士山 静岡辺りかな 皆さんが撮影されると違って半分雲の中の 富士山 私にとっては何年ぶりかの富士です。

a0048958_053380.jpg

銀座並木通りです、高級店、ブランド店、高級クラブ、などなどがししめいて居る界隈で余り私には用がないですね。







Published by デジブック

東京下町 と 好対照の銀座をブックにしました、解説は中の写真に小さい字書いて有ります
何分にも この デジブック 無料で使わせて頂いて居るので皆様の様な色々な機能がついてないところが欠点です が 一応見るだけはと思いまして作成。
[PR]
by ustomi | 2011-06-14 14:30 | 2011年5月

ここでちょっと一休みです~。

なにやら騒がしい日本の様で、アメリカはすでに 「大統領選の予備選」 ガ始まりました。
そうそうに トランプ氏は降りてね、最初の予測どおり(笑;。
大穴で ペイリン女史は如何かな?。

話は変わって最近読んだ本です、さる5月半ばに 成田空港から アメリカン航空で帰国の途につきましたが それがなんと なんと 出発が3時間半遅れるとの事です, 空港には2時間前に着き と 言います事で合計5時間待ちです 本当に5時間はながいな~と感じましたが LAPTOP で DVDを見たり本屋を覗いたりと時間は何とかつぶせるものですね。
もうホテルには引き返せないし では ここで時間を潰さなければといろいろ考えましたね。
まず 午後1時だから 腹ごしらえ ”かき揚げうどん” を食べたんですがお味はなんと申しましょうか 可もなく不可も無しと言いますところ、後は本屋を覗いて見て歩き 3冊ほど買いましたが
その中の 「八日目の蝉」が目に留まったのでこれはと思い手にとって読み始めたら面白そうなので仕入れ と この作者 角田光代 の 前に 「対岸の彼女」を読んだので期待をしました それがこの 「八日目の蝉」。

a0048958_7194714.jpg

「八日目の蝉」 の意味が分からなかったのですが 後で調べて大体 蝉は孵化して成虫なって7日でその一生を終えるそうですが、偶に1日くらい生き延びるのが居るそうで、その1日延びた日に目にするものは何の意味も成さないとの事です、只意義無きものを見るだけの為に有ると解釈されているそうです。
さて このあらすじは皆さんもご存知でしょうが、私は三分一を読み終えて 人間とは 男とはなんと気の弱いもの、又 女とは情が深くて只架空の夢に惑わされてしまうのかと思いました。
最後の 情景で あれ程深い愛情を注いで4歳まで育てた女の子が成人して妊婦として自分のそばを通り過ぎて行くのに気がつかないなんて現実味が娘にもですが有りません たった4年間ですがこの2人はしっかりと親子と言います関係で濃密な時間を持ったのです、決して忘れる事の無い関係ですのに ここで小説に私は乱暴な結末つけた作者にがっかりで後は読んでいません。
蛇足ながら この旅行で大阪で18人親戚パーテイで4歳くらいの時を最後に有った事の無い姪の子供をしっかり覚えていまして 「貴女Jちゃんね」と言いましたお互い長年思い出は蘇るものです、と
架空のものはやっぱり架空なんだと又落ち込んでいます。
角田光代の 「対岸の彼女」は良かったのに、この作者は好きです案外論理的に筋立てを決めて書く人だから。

a0048958_7244615.jpg


こちらは頭も、気持ちも壊される事の無いノンキに見てはいいな~なんて考えるものです。
サボテンはその姿に似ず見事な花を咲かせます、この花々は約1ヶ月咲き続けて居ます、まだまだ
蕾が待って居ますが、今年は 私の知らぬ間に同居人が ”月下美人” の枝と葉を全部切り落としてもうなんて事をしたと落胆です....今一枚有るのは昨夜一輪咲いた朝の寝ぼけた姿です。
[PR]
by ustomi | 2011-06-07 07:18 | 2011年5月