「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

八月にある 日系人のお祭り 「二世ウイーク」 です。

この度hは 全く違う タイトルですみません、真ん中にどうしても外す事の出来ない
「二世週祭」が入って
少し アラスカは次回にしまして 盛りだくさんのお祭りをご覧下さい。
一年に一度の 今年は ”72回” のお祭りです、これは見ていただかなくては と思いまして
と言いますことは 戦時中 は5年間のブランクがありました 敵国国民として収容所に収容れて居ましたから、 そうしますと77年前からこの催しは有ったと言います事です。
a0048958_8223978.jpg


2012年 の「二世 ウイーク クイーン」 が勢ぞろいしました。
この コンテストに参加を出来る資格は 日系人の血統が 50%とは入っていなければなりません
今年の ”クイーン” は 「エミリー、ミチ、イイジマ、フオリックさん」です 多分父方が日系人以外の人種ではないでしょうか、最近は日系人も色々な人種と結婚しますから ハワイの日系人種のように 8種類の人種が混合されています人が友人に居ます、と 最近の日系人に血についての解説です。
a0048958_8225763.jpg

今 ミスクイーンが スピーチ をして居ます、 私はこの オリンピックで発見と言いますか
前からなのですが 日本人選手の スピーチ はどうにかならないかと思いました。
彼女は今回の クイーンに選ばれた事について、又 これからの クイーン達の一年間の仕事と奉仕
又 今回の素晴しい イベントについての感謝を述べているところです、 この クイーン コンテストでは ”スピーチ” も重要な採点のポイントとなります、アメリカでは スピーチ の授業時間が有りますから話は堂に入っています。
a0048958_8231948.jpg

こちらは ハリウッド女優の ”タムリン トミタ” です、約20年前に ミス 二世クイーン に選ばれて その後は ハリウッド映画界に入りました、私も彼女の映画を何回か観ました、日系人の父
トミタ氏と日系フイリッピンの両親の元に 沖縄嘉手納基地で生まれました、 又彼女の父は軍隊除隊後は LA ポリスデパートメント に勤務していまして、丁度 あの 三浦和義事件を 佐古田刑事と担当しました が 50代の若さで亡くなられました、因縁の 三浦和義 も LA 警察の独房で自殺を致したと、色々な物語がこの街には有ります、日本よりの訪問者が多いせでしょからか。
a0048958_8233870.jpg


これから始まる ダンスショー(いわゆる盆踊り) と クロージング セレモニー が続いて有ります が終わりは夜の9時です、これから皆で賑やかに 音頭にあわせて踊ります が私は最後まで居なかったのでその画像は有りません。
a0048958_824417.jpg
a0048958_8242072.jpg

この二つの画像は Cal State University の皆さんと 子供は面白いですね 太鼓の音にあわせて体が自然と動くのでしょう踊っています。

a0048958_8271028.jpg

こちらの 太鼓集団は 「キシン太鼓集団」でして San Gabriel から来られた方たちで
とても素晴しい 太鼓集団です、皆 日系アメリカン か 他の人種のアメリカンも参加をして居ます。




a0048958_1030516.jpg

最後の You Tube と画像は 遠くはるばる来られた Cal State University Riverside の生徒さん達です、いまや太鼓を演奏するのは アメリカ人にとってはとても身近になった音楽です、このリズムが 津軽三味線 の音楽と一緒で Jazz に繋がるんでしょうね。
音楽とはこの様に言葉に関係なく人と人を結びつけるのでは無いかと思います、この人たちのうちで
どの位の人々が日本語理解するかは分かりませんが、太鼓はその人々心をつかんだと思います。
これも 二十数年前に始めて 佐渡から「おんでこ太鼓座」 が来てその道を開いたのだと思います。


Published by デジブック
[PR]
by ustomi | 2012-08-21 08:01 | 2012年 8月!!

アラスカ クルーズ etc. #1 ;

しばらくでございます、暑さしのぎに 「アラスカン クルーズ」 を楽しんできました。
日程は8日間、シャトル港からの出航です、今回で クルーズ歴も12回を数えます、前にも アラスカン クルーズ は経験済みですが、前回は 15日間と言います長さでした、前回は バンクーバー、カナダ からフイヨールドに入り今回と同じコース、+ 陸上をフェアバンクスまで行きそれからカナデイアン列車で アンカレッジ と言いますコースでした。
アラスカは何回訊ねて飽きません、それ程に季節に依って変わった姿を見せてくれます、この アラスカも 余り遠い昔でなく ロシアからアメリカ買ったテリトリーなのです、その経緯は後日にお話し致したく思います。
今回の寄港地は Seattle発→ Ketchikan→ Juneau(ここはアラスカ州の首都、地図で見ていただくと分かりますが何でこんな辺鄙な?)→ Sawyer Glaciar→ Skagway→ Victoria、Canada、(ここは B.C. の州都です)→ Seattle でした 途中に海上を24時間航行する日が2日入っていましてこれで8日間です。
LA空港からSeattle、Tacoma空港までは 2時間20分の所要時間でラクチンでした、シアトルは
ボーイング社(飛行機製造会社)と マイクロソフト、 の 御城下町でして大変綺麗な街です
全米でも 引退後には住みたい土地としてフロリダについで2番目です、しかし年の半分以上は
雨が降ると言います天気が気になりますが?。
さてこれから何回かに分けてお送りします旅のレポート、お出掛けの際にお役にして頂けたらと思います。

a0048958_1484314.jpg

シアトルの丘の上から見た 私達の乗るクルーズ船です、シアトル港に横付けされています。
乗客 2.800人、クルーズ船従業員1.100人 と 合計 3.900人がこの船に乗船します、大体客三人について従業員が一人と言います勘定ですね、しかしもっと豪華船は二人に一人の場合も有ります
その様な船にも乗ったことがありましたがね、マア~どちらでも余り変わらないですね。
今回の従業員の人種の割合に インド人が結構占めていますね、この様なお気楽旅行はやはり従業員の人種が結構乗客を楽しませてくれます、一番はなんと言っても フイリッピン人:陽気です、それからインドネシア人:これは真面目が取り得、インド人は気位が高くて スマイルが有りません
客商売なのですから割り切らなければ、今まで出会ったクルーズ従業員の国別、先に述べた以外は
ルーマニア人、クロアチア人、ドイツ人、イタリー人、スペイン人、中国人、などなどで後は思い出せません が 今回の船長は スエーデイン人でして陽気なそしてお腹がこぼれそうなほどに太っていました、又コック長 はスペイン人です。

a0048958_1491940.jpg

乗船します 船首 の部分です、船籍はノールウエーイ、”Norrwegian Jewel”です なんでも
夢のある名前が付けられます、 私達は 9階の最後尾の真ん中にしました そこからは両サイドの
景色が見られますから、それは正解でした。ルームは下で5階、4階、 上は8階、9階、10階、11階でしてその上12階から14階までは共有スペースや他の階部分はバーや劇場、映画館、その他もろもろの施設が有ります、↓ のムービー7階のバーで演奏していたもの。

a0048958_14112784.jpg


ここは船内に有ります 大劇場でして毎日 ダンスショー、手品ショー、歌手の出演と飽きないように色々な催し物も有ります、この大きさは LA が誇る オペラ劇場の 「ドロシー チャンドラー
パビリオン」と同じ大きさです、と 船旅は好きでしたらこんなに楽しいものは有りません、寄港地ではその土地の観光も出来と荷物も部屋におきっぱなしで、私は大好きです。








こちらはある夜の 「Cafe Jaba」のシンガー ”Fire & Ice” の歌です、この回は
”Michael Jacson、Tribute” と言います Fire の マイケル の歌ばかり1時間ブツヅケで歌ってくれました、この Fire は声量もあり中々一流と思います、最後には 先の大劇場で歌いました。
あくる晩は ”Motown” で 三夜目 は ヒューストン の歌でした、と 皆録音したのでおいおい掲載いたします。

[PR]
by ustomi | 2012-08-10 14:00 | 2012年 7月!!