<   2012年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

お口直し に 韓国踊りはいかが?

いろいろ 跳んで歩いている私の ブログ.....。
申し訳有りません、起承転結 は必ず致しますので、今日 スーパー マーケットに行きましたら
2階にある広場で 韓国の優雅な踊りの大会が開催されて居ました、なんでもよく見ていると
優勝者 を決める 韓国伝統 の舞踊や雅楽の 大会のようです、時間が無いので 2組の人々が
芸の披露をして居ますのだけ撮りました、衣装も綺麗だし、 又 太鼓奏者 も若いのに力強い
演技ですね、珍しいので 掲載します。


華やかな韓国衣装でもって 群舞と言いますのか この踊りはよく見ますと かっての瑞々しい乙女で有ったで有ろう方も ちらほら 入っては居ますが 良いですね~ 韓国語が話せたらなと思うときがあります、韓国人社会では 教育センター で韓国語を無料で教えていますから行きたいなと思って常に考えては実行に移さない私です、先日は ロシア系 のアメリカ人が習っていましたが
彼女は見事な 韓国語で 「アリラン」を歌って私達を唸らせました。




此方は 一人の女性が 韓国の太鼓の奏者です、撥さばき も鮮やか身軽なこなしですね、
買い物のついでに ちょっと覗きました風景♪ ♪。

[PR]
by ustomi | 2012-09-30 13:27 | 2012年 9月!!

Crater Lake in Oregon !!

ここで少し寄り道を致しまして、去る9/18から5日間の予定で行きました
Crater Lake、Oregon State。 を少し掲載します、色々とゴチャマゼになって居ます 私の
ブログ ですが そこは適当にご判断頂いてご覧下さい。

今回は LA から 首都 Sacuramento とまで掲載します。ここまで LA から 500マイル近くあり、これから向かう Crater Lake までは シャスタ山 を越えて 合計 700マイル走りました。今回の車の旅行は帰途は太平洋岸にでて Pacific Coast HWY を走ったので
全行程は 1.812マイル、1マイルは 1.6キロですから 2.900キロを走破したことです5日間で、
でも楽しかった 気の会う人との旅は。
LA→ サクラメント→ クレーター レーク→ ユーレイカ→ サンフランシスコ→ LA です。 


a0048958_14265583.jpg

肉牛 の放牧場ですこの牛の数数、飼育方法は 1歳までは野原に放牧、後はこの様に家畜のようにして余り広大な広野原を歩かせずに餌を与えるのだそうです、そうしないと運動のし過ぎで肉が筋肉になり堅くなるそうです。
a0048958_14271268.jpg

この 水道は 私達は (アクアダクト) と呼んでいます、LA 近郊の水源です この水は遠く
シャスタ山から や シェラネバタ の雪解け水が源です、この様な アクアダクトは四方から水を運ぶために流れています、そして LA と その近郊の人々の水をまかなっているのです、他に コロラド川からも買って居ます と 雨の少ないこの地でもお陰で水不足なしです。
a0048958_14272446.jpg

フリーウエイ インターステート #5からの 農業地帯の眺め、これは オリーブ の木ですね
実が沢山なって居ます。

a0048958_14274452.jpg
a0048958_1428649.jpg

此方は California州 の首都 に有ります キャピタル ビルデイング と 中庭にある変わった
杉の木です、 いまの 州知事は ブラウン です、 彼は未だ若い40歳のころに州知事を務めてことがありましたが、余りの社会主義的考え方で大半の州民は受け入れなくなり、そこに持ってきて
愛人だった カントリー歌手 の リンダ ロンスッタフド との アフリカ旅行に州の金を使うと言います愚行をしてしまい 今まで清潔な印象を壊して落選と言います憂き目に有っています
昨年の選挙運動の時には ブラウン は昔のブラウンではない事を見せますなんて言います選挙運動をしていましたね(笑)。
a0048958_14282610.jpg
a0048958_14284327.jpg
a0048958_14285944.jpg
a0048958_1429142.jpg
a0048958_14293433.jpg

サクラメント の AM TRUCK の駅です ここから全米各地に列車が出ます、又市内、近郊も走る電車もです 駅構内の絵画です歴史がある絵です。
上から サクラメント オールドタウン の夜景ですが淋しかったですね、夏が過ぎもう秋ですから観光客も少ないんでしょうね と 何処の州の州都は似ています、経済的発展を遂げています同じ州内の経済都市に較べて、しかし 静かな、上品な町並みです。

此方は クレーター レーク のビジターズ センターで、常時 この 湖が出来た由来を説明して居ます、それを映像に致しました、地球の不思議さ、ただ感じ入るだけ、とても興味深いです。
Published by デジブック

クレーター レーク に着いたのが 2日目の夕方ですので 夕景からですが 山の中の一軒有ります ロッジ です、湖に向いて建っていますから ベランダから着いた日の夕景、夜のしじま、
朝日の時、昼間の湖と沢山の変化を見せてくれる湖の周りを回りました、適当に止っては写真を撮る
前週しましたので3時間ほどかかりました。またここでは 電波ないから 電話。携帯電話、テレビなどなどは使用できない自然の中の 国立公園です。

[PR]
by ustomi | 2012-09-27 13:49 | 2012年 9月!!

アラスカ クルーズ #4 船内のご案内。

あの雨の Skagway を後にしてこれから ビクトリア島、カナダ。に向かいます。
一番初めの画像は 最初にご紹介したこの 船の中でも一番大きい劇場です、船の最後尾に位置します、 LA に有ります オペラ劇場 ”ドロシー チャンドラ パビリオン”と同等の大きさの座席数です、見事な飾り付けです。
これから 船は海上を24時間航行してまる一日半かけて ビクトリアに到着です、もう雨とはオサラバ.....。 


a0048958_454814.jpg

この見事なお天気、青空です、今までの灰色の色ばかりでごらんになる方々もちょっと滅入りますね
これからは南に向かいまして それから東にと航路を変更します、この船の波の綺麗さ、私のルーム
は真後ろの真ん中ですから、ベランダにて写しました。

a0048958_46149.jpg
a0048958_46212.jpg

a0048958_463883.jpg

プールエリアも子供達、大人も勿論ですが、皆が太陽に久し振りに会えて気が晴れたようで 大賑わいです、又 子供専用に係員が居まして、色々な遊びを計画してくれます、お互い見知らぬ同士でも
遊ぶ時は違いますね。
a0048958_46543.jpg

ここは お馴染みの Cafe Java です、昼間は大画面で オリンピック の中継です が声は出ていません、他の客の迷惑になるから、そばで ピアノ を弾き方も居ますしね、それに
夜になると Fire& Ice のショーが始まります、大画面で見るオリンピックの競技は迫力が有ります、部屋にも テレビは 有りますが それはそれで プライバシーを保ってリラックスして観ることが出来ました。
a0048958_47975.jpg

ここは Bar エリアですが 昼間は色々なゲームをして楽しませてくれます、今回は 喉自慢でしたね、こちらでは ”Tarent Show” と言います結構上手な方も居られます。
a0048958_472595.jpg

こちちらは 中国料理「Chin Chin」と 寿司バー、日本酒のカウンターも有ります、本当に日本の食物や飲み物は国際的になりアメリカ人は3人に1人は好きです。
a0048958_474447.jpg

ここは フラン料理 を提供する 「Le Bistoro」です、雰囲気が良いですね、外では 一服の安らぎの為のソフア と 憩いに充分。
a0048958_475971.jpg

一番人気の 「鉄板焼レストラン」 ショウー もついています コックが色々芸をしながらステーキを焼いてくれます、丁度 紅花レストラン のようですね。
a0048958_481688.jpg

a0048958_48347.jpg


上の 二つの画像と一つの映像は デイナー ルーム でして 「Tesar's Palace」と名づけられていまして 広大なダイニング ルームに座席数は幾つあるか数えられませんが、いつでも予約無しで席に着く事が出来ます システムに なって居ます、普通は必ず 予約とドレスコード が要求されるのですが、この観光船は Free Style でして気楽に毎日行けるようになって居ます、共に
豪華さも失わずにそれなりの装飾とサービス が有ります。
生バンドも入って居まして 案外と今風ではなく 昔の曲を演奏します が 今日はなんて言います事でしょう、ヘッド ウエター が飛び入りで 「Blue Spanish Eye」歌ってるでは有りませんか、この人 ウエターを指図しながら とても歌は上手....、
ちなみに 「Tesar's Palace」 の意味は ロシア語で宮殿と言います そのせいか 架けてある
絵は ロマノフ王朝の人物ばかり、これを レーニンが生きていて見たら怒り心頭ですね(笑)。
a0048958_485064.jpg
a0048958_492388.jpg
a0048958_494530.jpg

今は夜のタイムです、皆が ビンゴゲーム や クイズ番組で当ったら賞品がもらえますが、もし間違えたら バツゲーム で顔にパイをかけられます が このパイかけはアメリカでは色々な催し物に登城します と ホットドッグ と パイはアメリカの代表的な遊びの中ですが 食物を無駄にするこの遊びは余り感心しません、今夜はうら若き女性がやられちゃった見たい。
a0048958_410036.jpg

船内の ”カジノ” です、本格的で ラスベガス と変わりないほどの設備ですね、但し海上だけ
の営業で 何処かの港に停泊している場合は禁止ですから、寄港している間は Closed、私友人などはこの船ではないですが 旅行代を稼いだそうです。
a0048958_4102541.jpg

ここは 「ステーキ ハウス」 です、余り肉は食べたくないので入り口だけ、これに未だ
「Azura」 と言います小振りのダイニングルームも有ります、ここは良く使いました、気楽な服装で行け 料理は一流ですから。
a0048958_4104123.jpg
a0048958_411517.jpg

「Fyzee」 はちょっとお洒落な雰囲気のBar です、この客船の中には BARは15箇所以上と思います、又 レストラン は13箇所あり いつでも食事が無料で出来ますから 最初の クルーズ に払う代金が高くても外で ましてや ヨーロッパ で食事をする場合は全く高さに閉口します
ですから クルーズ はお得と思います。但し アルコール代は別料金ですから呑べい は高くつくでしょうね。
a0048958_6555.jpg


只今 紹介致しています方が 船長です、出身は スエーデンです、この方の肩に 3.900人の命が預けられています、また 左より 副キャプテン、スエーデン。次はメカニックの長 ノルーウエイ。ホテルマネジャー、ベルギー。フード マネジャー、スぺイン。エンターテイメント、フイリッピン。 と国際的な集団でこの船は8日間旅の始まりです。
ちなみ この お腹はどうにかナラナイカナ~と思うワタクシ、健康のためにも。



最後は 13階に有ります ダンスホールです、眺めが良いです、又フロアーも広いから、座席も飲みながら 踊ったり、呑んだり、音楽を聴いたりと楽しめますね、今日は たまたま 乗船2日目に
キャプテン インバイト でして、この会社の 船に前に何回か乗船した方たちを 船長が 昼間のカクテル パーテイ に招待した客達です、船会社は ノールウエージャン です、と 船籍は
ノーるウエーですね、船長は スエーデイン人です、と 各国の人々が従業員でこの観光船を動かして居ると言います事です。
その時に演奏していた音楽もUP 致しました。未だ 紹介しきれない場所が有りますが忘れていたら追加を致します、アメリカ人は陽気ですから 皆とすぐ打ち解けて楽しく過ごします、これからも日本の方々も大いに利用してください、 13回 のクルーズ経験者がお勧めです

[PR]
by ustomi | 2012-09-16 04:11 | 2012年 9月!!

アラスカ の旅 #3、Skagway。

Skagway (スカグウエイ)の町です、人口は 968人、ですが夏の4ヶ月の内に立ち寄る ”観光船”は数え切れず その期間は人口は 90万人に膨れ上がります、が もっともこの町に宿泊する人はごく少数でして 大半の観光客は クルーズ船にその日のうちに戻るでしょう。
また 「White Pass」 への列車は夏の間の4ヶ月間だけ運行します、元は鉱石の運搬用の貨車専用の線路ですから。

a0048958_1318153.jpg

この通りは スガグウエイ の一番の目抜き通りです、今は観光客で賑わって居ますが、冬季は淋しいでしょうね、なんせ人口1.000人足らずの町です、又この スカグウエイ は北緯59度 と言います極寒のちです、 私もその昔2月の一番寒い時期に オーロラ を観に行きそのついでに 北緯
70度までの自動車旅行をしました が その寒さは防寒服を着ても未だ身にこたえましたから。
a0048958_13181752.jpg

a0048958_13183380.jpg
a0048958_13184941.jpg

この建物は かっては酒場でした、先年に行きました時は未だ営業をしていて あまり寒いので
ホットココアなぞ頼んだものですが、今はもうビジター センター と 博物館に様変わりして中は昔の金鉱掘り男達の姿を残すだけとなりました、中の模様を コラージュ にしました。

a0048958_1319544.jpg
a0048958_1319202.jpg

a0048958_13193745.jpg

a0048958_1320128.jpg

この通りも目抜き通りですか 縦に一本 と 横に 一本 の道がありこれが観光客の廻る区域
昔懐かしい 馬車も御者は女性です、前にはもっと若い子が居ましたが とても肌色の白い 白系ロシアの血を引いているようでしたね、今も美人の御者が3人居まして 金額は分かりませんが町を一順してくれ、案内も着いています と 風情が有ります。

a0048958_13203617.jpg

この町では由緒あるホテルです、 White House と言いまして個人客は宿泊するのでしょうね
裏庭は綺麗な 花壇 になって居まして短い夏の間の季節の彩りの花々。

a0048958_13205125.jpg

スカグウエイ で一番大きな建物でして、博物館です、この土地の歴史や生い立ち、はたまた一攫千金を夢見て集まった男達の物語などです、最盛期には(1800年代)10万人の人がこの町に押し寄せたそうです が 本当に金を掘り当てそれに依って金持ちになれたのは たった400人との事、現実はその様なものです。
a0048958_1321549.jpg

a0048958_13212345.jpg

a0048958_13214415.jpg

私はその町に行きますと 本当の住人はどの様な生活を送って居るか非常に興味があり、いつも裏路地や小路などを歩いて見ます、 博物館の隣に小さい公園あり そこで見つけた 女性の物語ですが
最初にこの土地に住んだ方でした と 共に町の発展に尽力したそうです、その公園に咲いていた
名前が分かりませんが変わった小さい花です。



これから 「White Pass」の 列車に乗り カナダ国境までの山のと渓谷の旅に出ます、長い車両を牽引するために 2基 のジーゼル車が前を牽引し後に1基のジーゼル車が押します、標高5千フイートですから余り高くはないですが、下を見ますと高度が上がって行くのが分かります、この渓谷に沢山の金が有ったのでしょう と 今の スカグウエイ の人口からは想像も出来ませんが。無事4時間の列車の旅を終え船に帰りました。



その夜の ”Fire & Ice” のショー は 「Whitney Houston、Tribute”でした 彼女の
ダイナミックな歌をお楽しみください。

明日からは 24時間海上航行で ビクトリア、カナダ に向かいます。
[PR]
by ustomi | 2012-09-08 15:38 | 2012年 9月!!

Sayer Glacer の 景色とその天気です~。


Published by デジブック

実はこの掲載は 順序が逆になっていまして、早く皆様に ”Sawyer Glacier” を見て頂くて
掲載となりました、この水の色と氷の神秘的な色は何時見ても素晴しいと思います。
何万年も前からの氷の蓄積がいも言われる色を作り出すのですね、 最初の氷の塊が見え始めてから
船は 狭い航路をゆっくりと2時間かけて進みました、そのうちにだんだんと崩れた氷山の塊の数が多くなり ついに といいますかお目当ての Glascier に到着なのですが 船客の船がいまして
これが約1時間どいてくれません 待つこと1時間以上でしてこれはきっとそれなりの ルール が有るのでしょうが 私達には分からないのですが、先年行きました時は氷山のそばまで横付けしてくれたのですが 今回は遠くからの拝見と言います事です、しかし 両側の山々から流れ落ちる滝や頂上のグレーシア も見えてそれはそれなりに楽しみました、船内では子供達は プール(温水)でハシャギ、ホットドッグを齧りと、大人は皆夢中のグレーシアには関心がありませんと言います一幕ですが、ここは ジュノー から未だ奥に長いフイヨールドを入ったところに有ります。
雨に打たれて風邪を引きそうでした。


*~~~~~~~*~~~~~~~~*~~~~~~~~*~~~~~~~*~~~

ワシントン港から約24時間海上を航行して 最初に着いた港町が が ”Ketchikan” です。
この町は まあー一年中雨が降っている様なお天気です、前回来ました時も雨降りで、私達の船長もこの町では天気は期待しないようにとのご託宣でした、余り見るものが有りませんが 昔の アラスカを感じる町です、今回はもう観光には行きませんでしたが、前回は一通り見てきまして トーテムポールの制作や、鮭が遡上する場所でサーモンも見たので。


a0048958_14554296.jpg

Ketchikan の港 シアトルを出てから24時間近く航行して着いた町。
a0048958_1456124.jpg

サーモン漁のの船が帰ってきたようです が 余り成果はは良くないみたい< それから未だ観光用の魚釣り船も出ています、雨が降る事しきりに。
a0048958_14561965.jpg

a0048958_14563988.jpg

地元の人たちが河口で10人ぐらい釣っていました、橋の上から、中々釣れない、雨は土砂降りになる でもこの土地の人々は雨なんてヘイチャラ、毎日が雨ですからね、でも 地元のお兄ちゃんが釣ってくれましたよー、見事な大きいのを サーモン です、エサはつけなくて良いそうで疑似餌だけです、写真を撮らせてくれました、お見事.....。
a0048958_14565466.jpg

この川の上流に行くと鮭の遡上を見る事が出来ます、前回は 行きましたし トーテムポール工場も見学しました、。地元の人々は ”雨は液体の光線” と言いますそうです、そうかな全く傘が話せない状態でした。

*~~~~~*~~~~~*~~~~~*~~~~~*~~~~~*~~~~~*~~
さて こちらは「Juneau」 アラスカ州 の首都です、3万1千人強です、それでも アンカレッジは比べ物にならないくらいの人口密度と繁栄ですね、船でも来てくれなければビジネスは無いです。そに昔は(1880年頃) 金鉱でで栄えた町でした。
最初に 金鉱を発見したのは ジョー と ハリス の2名でしたがその内にすぐ噂が広まり大勢のアメリカ人の男で埋まりました そうすれば当然ながら女も来る、商売も有ると言います事で栄えたのですが 金が出なくなってしまいますね余り人数の掘作者が居れば その内に金も歳出しなくなりましたが、未だこのアラスカは他に幾らでも銅なども採取でき 1940年代まではそこそこ働き口がありました。

a0048958_152723.jpg


ジュノー の港、今日も雨です、昨日の ”Ketchikan” に続いてです...(泣;) まあー仕方が無いですねこの辺りは降雨量は年の内に 1.350mm に達します がここが アラスカ州の首都なのです
a0048958_1522720.jpg

a0048958_1524350.jpg

ジュノー山に登る ケーブルカー 乗り場、今回はパスです、この曇り空ではね。
a0048958_1531079.jpg

ジュノー の街中のお土産屋、人々が群がっていますね ここで売ってるのは 土着のインデイアンの作品ですがこれは手作りだから高い、が 後は Maide in China ですから安いです、シャツ類は Los Angeles の 大繊維商品工場からの買い付け品です と 中身を見ると夢が破れます
が これも アメリカらしい 自由貿易国家です。
a0048958_1533072.jpg

ここは ジュノー に有る ”チョコレート フジュー” のお店です 季節柄学生のアルバイトが多いですね、ここの フジュー は美味しかった、皆に上げました、自家製で目の前で作ってくれます、アルバイトの女の子とても一生懸命でして、私か何個か買ったのを箱に詰めて中身の印を付けてくれましたよ、都会では中々お目にかかりません、接客;
a0048958_1535346.jpg


a0048958_1541497.jpg

a0048958_1543224.jpg
a0048958_1544859.jpg

ここが 州都 ジュノー の市役所です、原住民の絵が描いて有ります、原住民 は ”トリキット族です、いわゆる エスキモーです、民族的には モンゴロイド 私達日本人のルーツと同じです。
こちらで 州 の キャピタル ビルデイング を尋ねたら大変親切で マップ を持ってきてここから北に向かって4ブロック行くと有ると 茶色いビル だと教えて下さったのですが何しろ雨が土砂降りで 4ブッロクを歩く元気が沸きませんでした、私は他州に行くと必ず 州のキャピタル ビルデイングに行くのに。オマケです この ジュノー市は陸路に依る交通は有りません、水路か水上飛行機か 後は 立派な飛行場が有りますからそこから他の地に行くと言います手段しか有りません
と不思議な地形の位置に有る アラスカ 州都、前回は素敵な天気でして ジュノー を充分楽しんだのでこれでイイかてな気分です。

a0048958_155630.jpg

a0048958_1552126.jpg

a0048958_1553723.jpg

北国の人々は大変花を飾ります、雨の中でも見事な花々です、 又 先に出航する船も居まして
行き先は皆同じ....、今夜の 船の中の Bar では ”Motown” を Fire が歌います。
この ”Motown” は発祥は デトロイト でして ここから マイケル ジャクソン、その他
多くの R&B の歌手が誕生したのです。
続きは Skagway です お待ちください Up が遅くて申し訳有りません。
[PR]
by ustomi | 2012-09-01 15:00