<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

アイダホーワイオミング(ジャクソン ホール)その他;

LA を出発してから 3日目に着いた アイダホです、ここから又 ジャクソン ホール に向かって走ります、バスは快適に走り続けます、先に待っている出来事も知らずに。
途中 ラスベガス は横目でみてすっ飛ばして(どうせ帰りによる...)、最初の宿泊地 フィルモアーに着きました、まだまだジャクソンは先ですね。
今回の 走行キロ数 は 1.892マイル(3.327キロメーター)でこれは 忙しい人には向いていない旅行です、大体 LAからの バス旅行は気が遠くなるほどですね、途中で1泊しなければ着かないから、普通は飛行機で ソルト レーク に行き、そこからローカル航空に乗り換えて ジャクソン
ホール と言いますのが当たり前です、30年前の時は私達も現役でそれは時間が無くてこのルートをたどって行きました。
ところでこの画像は順序が不同です、手当たり次第にUPしたからです と 共に一番インパクトのある グランドテイトン をお見せしたかったから。
a0048958_5205443.jpg
a0048958_5212740.jpg

こちらが グランド テイトンの山並みです、平地からすっくと山並みが立ち上がると言います姿。
これは ロッキー山脈の一部、この テイトン と言います名前はこの土地に移住してきた、フランス人の猟師によって フランス語のスラング あれは テイトン と言われたのが始まりで テイトンは胸のことで2つ峰は大きい女性の胸と言います意味だそうです。
高さは 4.197メートル、横幅は 15キロに及んでいます、夏でも雪は融けずこのまま冬を迎えるのです。
a0048958_5214358.jpg
a0048958_522182.jpg

麓に咲いている高山植物の可憐な花たち。
a0048958_5221879.jpg
a0048958_5223638.jpg
a0048958_5225784.jpg
a0048958_523218.jpg
a0048958_5233820.jpg

こちらは ジャクソンホールに行く前にある 豪華なホテル 「Jakcson Hotel & Rogede」
でして このホールから眺める ジャクソン山は見事で前を ”スネーク リバー”が流れていまして、この川はこの先 イエローストーンまで続いていまます、このホテルで写す画像は余りに 絵の様に整っていてこの場所で写す写真はどの様な下手な写真家でも見事に写ると言われています(笑)。
a0048958_5235991.jpg
a0048958_5241755.jpg
a0048958_5244554.jpg
a0048958_525668.jpg
a0048958_5252571.jpg
a0048958_5255471.jpg

ラスベガスを超え、ユタ州を越えてやっと着いた アイダホ州です、この州の特産品は全米一の生産量を誇る ポテト です、私達は アイダホ と聞くとすぐに ポテト と反応するぐらいの生産です、この畠は全部ポテトです と ジャクソン に入る前に撮りました画像 と言いますわけで、これが順序不同なんですね、この広い果てしないポテト畠を見てください、前に ブッシュの副大統領だった クエール氏が子供達に ポテト のスペールはと問いましたところ 子供達は ”Idaho”
と書いたほどですまったく子供は無邪気ですが、それ程のポテト王国でして、夫の友人もここで生まれていまは LA に住んでいますが 毎年の夏は故郷のアイダホに帰り美味しいポテトをお土産に下さいます。

a0048958_5261630.jpg

ジャクソンに入る前のショッピングセンターにある 銀行です、建物も山に来たなと言います建築です。
a0048958_5264271.jpg
a0048958_527121.jpg

上の二つは ジャクソン ホールで宿泊したモーターイン です、ここで同行の2人のハズバンドが病気になり この町の病院に入院と言います事件が出来、この2人を残して私達は イエローストンに向かったわけです、中々これで30人と言います人数は色々な事が起きます、彼はお腹に何かのばい菌が入り嘔吐のの繰り返しで、又本当は アイダホ ホールを通って帰るのが予定でしたが、この
町に再び寄って彼らをピックアップしたのです。
a0048958_5272545.jpg
a0048958_5273984.jpg
a0048958_528333.jpg

またまた 出てきた ジャクソン ホテルですね、これが順序不同でして、やたら画像が多いと駄目です。
このホテルの ロビー は素晴らしいです、山小屋風でそして歴史が古いですから建物も重厚です
と お楽しみください。

[PR]
by ustomi | 2013-07-25 05:29 | 2013年 7月!!

マズ; Las Vegas♪♪....。

7月6日から1週間の予定で Yeloowstone、Bryce Canyon、Las Vegas、 の予定で総勢
仲間が集まって(38人)バス旅行を楽しみました、皆さん顔なじみや、親しい友達だけの集まりでそれは、それは、楽しい旅になるはずが、Yeloowstone の山中での インスペクッションに バスが引っかかりイエローストン湖の端で 運転手が免許はあるが、彼は中国系で英語が話せないとの理由で インスペクターから直ちに運転の中止を受けました、そこは ビジターズ センターのところで私達はどうにもならず この旅行の企画者の リンさん があちこち電話をしてやっと同じ中国系の運転手に助けてもらい インスペクッションを通過して Jacson Hollsの町まで運転してもらい
その後は私達の運転手に代わると言いますアクシデント、この町に一緒に同行した2人の内のハズバンドが何かお腹に菌が入って病気になり 置いて私達は Yeloowstone に行ったのでこの2人を
つれて帰らねばならないので、この間に湖のそばで4時間待ちで、それから Salt Lake市まで向かうと言います有様でしたが、誰も文句は言いません、さすが皆アメリカ生活30年以上の人ばかり
この様な事には慣れていますから。 と 最後に寄った Las Vegas を最初にUPしました。


a0048958_3294986.jpg

ここは Las Vegasでも ダウンタウン の方です、前はとても寂れていましたが、Wynn氏の発案で素晴らしいアイデアで活性化して今は人が沢山来るようになりました、もともとはこのダウンタウンが Las Vegas の発祥の場所なのです、昔 1935年頃の不況でアメリカは失業者が大量に出て、その救済の為に時の大統領 フーバー氏が 近くフーバー ダム と言います壮大な国家プロジェクトを起こしました、それで全国から労働者が集まりその働く人々の為の娯楽施設として発展したわけで、最近は ラスベガス ストリップ通り の方が見事な カジノ、ホテル が出来ました。
なを 私達はこの(Golden Nugget Hotel)宿泊しました。
a0048958_3301221.jpg

a0048958_3303868.jpg

a0048958_331025.jpg

a0048958_3312033.jpg

a0048958_3315976.jpg

a0048958_3322269.jpg

a0048958_3324619.jpg

a0048958_3331096.jpg

a0048958_3333331.jpg

a0048958_334338.jpg

a0048958_3342429.jpg

上の画像は フリモント エキスペリアンス の通りの様子です、沢山人々が ラスベガス ストリップ通りからこちらに戻って来たのです、こちらの方がホテルや物価が安く上がります と 庶民にとって何よりの楽しみを与えてくれる場所が再び出来たのです。

フリモント通りの天蓋の沢山の映像がかわるがわるに映し出されて見飽きません。


今夜の ロックバンド の演奏はよかったな~、体が自然と動くではないですか....音は思い切り煩いけれど と 夜はすべての人々は眠らず過ごす Las Vegas;。


a0048958_341122.jpg

最後に この 豪華ホテルは ラスベガス ストリップ通りにあります、この中で「Wynn」は最高級のホテル カジノ、このホテルは Wynn氏が最上階の部分を長年連れ添った妻の為に作ったフロアーでして、彼女の住居です、眺めはピカ一ですし、この世界では珍しい話です、大方の経営者は
金儲けと共に財産が殖えるたびに妻を変えて行くから(笑)。
後はPari;s Hotel & Casino、ベネテアン(ここは イタリアのベニスを模して)。Monte Calros、(モナコを模して)、4つほどの有名ホテルをコラージュ仕立てで。


では引き続き スライドショーにして掲載します、余り画像が多すぎて。

2013年7月17日




次回からは 目玉の Yeloowstone を掲載致します、この土地は毎日小さい地震が体に感じるほど揺れを起こしています、なにぶんにも地下にはマグマが一杯詰まっていますから。
[PR]
by ustomi | 2013-07-15 14:19 | 2013年 7月!!

日本、 最後の日 15日間あちこちの終わり;

長かった 日本の旅も終わりに近づきました、5月16日(金)に関西より東京に戻りました、となんと悠長な ブログで申しわけありません、あちこち寄り道ばかりで。
東京はやっぱり好いわー(親族が皆この近辺に居る)夫は やはり関西は良いらしく顔の筋肉が緩みっぱなし、そうですね彼の大半の親類縁者は関西だから。
で。この日の夕食は初めて自腹で二人で食べに行きましたよ...すしざんまいこの店はあちこちにあるらしいですが
ホテルのそばの すしざんまい は特別美味しいです、客がしっきり無し来ますから材料が好いのでしょうね、それに JR のガード下ですが綺麗なお店です、一度妹と一緒に昼のおすしスペシャル
これが本当にお得でして、一人前 味噌汁、茶碗蒸しがついて 900円位でした、前にやはり妹と一緒に 東京駅の大丸の上階にあるすし屋 4.000円でして 私はもっと安いのにしようよと言いましたら「お姉さんお鮨は値段を惜しんだら碌なネタが無い」と諭されてね 4.000円食べたのですが。
それとはなんら遜色が無く、でも妹はここ煩いねと文句を言いますのよ、上を電車が通るたびにゆれるから、アメリカ人の私は合理的だから安くて、美味くて、綺麗なお店なら と平気です。
この日の2日後日曜日には リムジンに乗り成田空港に向かいなつかしの我が家へです、日本は満喫でした。


a0048958_4134992.jpg

今日は 土曜日ですね 結婚式がやはりありました、1週間前のときより随分と少なかったようで
今度は新郎新婦は洋装で、階段の上から写しました、晴れの日オメデトウ♪♪。
a0048958_414249.jpg
a0048958_4144415.jpg

金曜日土曜日から始まる 「Oktoberfest」 が日比谷公園で始まる準備に忙しそうです。
なんでこの5月に 「Okoberfest」なのと思いました、アメリカでは 10月から始まりますね
だから オクトバフェスト なんだから、商業的なものかな?。

a0048958_415820.jpg

遠くに木立の中にあるのは 「松本楼」ですね」値段を見たら案外とお安いです、ランチ は 800円なんてありました。
a0048958_4152679.jpg

こちらは Cafeですね、これ 映画の 「相棒」に出てきません、何時も 小野田官房長官と
右京さんが忍んで会う時に使っているのかな~と思って撮影してみました。

a0048958_4154444.jpg

日比谷公園に 白鷺がいました、驚いて写してしまいました、こんな都会の真ん中に餌があるんでしょうね。
a0048958_4232663.jpg
a0048958_423456.jpg

珍しい花々がありました、特にスクット立って居るバラは色々な色が一本の木に裏表になっているのは驚きです。
a0048958_4235820.jpg

さて こちらは ”タイ航空” の本社ですね、昔は良く乗ったな~と感慨無量です、タイの人は大変に優しいですね、もう20年以上前になりますが 香港からタイに工場が移って今度は バンコックに行くようになり、今まで香港にばかり宿泊して 中国人の無愛想さと不親切さに慣れた私はタイのバンコックの ヒルトン ホテル に初めて宿泊したのですが、働く人々がやわらかく、そして
お掃除に部屋に入る時も靴を脱いでね、両手を合わせて「ハロー マダム」 と言いながら入って来るんですね、香港との違いにこちらもなにげに頭を下げそうになったの覚えています。









さて こちらは金曜日の 東京都消防署の音楽隊の練習風景、「金曜日無料コンサート」が
日比谷野外音楽堂であります、その前の練習ですね、私も聞きに行きたかったのですが、今夜は
東京で働いて居ます 夫の姪達総勢4人が 私達の部屋で ”ワイン パーテイ”をします、妙齢の美女ばかり集まってね、叔父さんは外野ですが、叔母さんは仲間入り、だって夫は話が分からないし
意味不明な説教をたれるから、26歳から32歳あたりまで皆姦しいですこと、毎年開催です ワインは3本は無くなります と 働く女性の生の声は参考になりますから、無量コンサートは涙をのんで諦めました。でも 東京消防庁音楽隊 は本格的ですね。
その1週間前にここで ”南 こうせつ” のライブがあったそうでその時に 安倍首相は何曲か歌を披露したとか、やるではないですか(笑)。



日比谷公園の花々です、よく手入れされて綺麗です、中には企業の ボランテイア の花壇もあります、クリックして スライドショーでご覧下さいい。
2013年7月1日


長い間に亘って掲載の 日本旅ブログにお付き合い頂き有難うございました。
又 近いうちに Yellowstone の記事を掲載させて頂きます、変わりなくご訪問下さいますように、よろしくお願い致します。


来る 7月4日 は Independence Day 「アメリカ国家独立記念日です」。
3日前に フエニックス、アリゾナ の近郊で 山火事がありました、その消火作業に当たった 消
防士 19人 が 風向きが急に変わって炎に包まれて亡くなりました、若い20代の方が多いですが
中には 4人のお子さんの パパ も居られると言います惨事がありました。冥福をお祈り致します。

[PR]
by ustomi | 2013-07-03 04:26 | 2013年 6月!!