<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

暮に向かって 鳴る音楽♪ ♪ ♪。

こちらは 少し中休みの景色を飛ばして 暮に向かって皆さんが歌われる 「ベートベン 交響曲第九、歓喜の の歌に始まって 耳に馴染んだ 荒城の月、 オーシエナンド、などなどを掲載しました、先日の Union Church に於いて 「DAIKU」 の会の皆さんの合唱です、如何でしょうか
皆様素人ですが 日々の研鑽の賜物で このような素晴らしいハーモニーを聞かせて下さいました
この中には私の友人も何人かおり と 週一回の練習の成果。














コンダクター は Dr. J. Bernstein氏 です。この方はこの 「LA DAIKU」 の合唱団の先生でもあるので彼の元で皆が 週1回 の練習を Hollywood にある高校のホールを借り練習に励みますが、その後は 男性群は飲み会が楽しみのようです。

今日は 火曜日です 後2日しますと Thanksgiving Day です 今年は北東部は大荒れで雪模様です東海岸行きの航空便はすべてキャンセルと事態になり Thanksgiving Day はアメリカでは Christmas より 家族が集まる機会ですので 皆さんご家族とは ミス するかも知れません
こちら LA は毎日 22度と言います暖かさ(@.@)ありがたいです。

[PR]
by ustomi | 2013-11-26 08:12 | 2013年 11月!!

シカゴ の旅 5日目、#3.

最後の 5日目です、中々進まない ブログで申しわけありません、おまけに今日は 教会の日です
一日を費やして。
さて こちらは ” Clark Street ” です この近辺は オールドタウンもあり中々魅力溢れる街並みですが、今は昼間なのであまりエキサイテイングではありません が 歴史に残る話は
てんこ盛です。
#1: 血 のバレンタインデイー、 これは後世に残る マフイアの勢力争いの図式でして 彼らは バレンタインデイー の日に相手勢力の事務所を遅い 8人を皆殺しにして日です とこれは
エリオット ネス の物語にも出てきます、今はそのビルも無くなりましたが、私が住んでいた時には残っていました それは 片方のボスは かの有名な アル カポネです。
#2: 皆さんご存知て居られるでしょうか、第二次世界大戦 の時に 「東京ローズ」 と言います
日本軍の プロパガンタ が有りました、これに関わった 10人くらいの 日系二世の若き女性が居ました、それの プロパガンタの一人の方 ”アイヴァ トグリ ダキノさん”この方は大変お気の毒な人生を送られていました、戦後アメリカ軍に収監されて 軍事法廷で スパイの嫌疑で有罪になり長い間軍の刑務所に収監されて過ごしました、日本憲兵は彼女にアメリカ国籍の放棄を迫ったそうですが 彼女は頑として拒否をして、敗戦後アメリカに帰国したら、今度はアメリカ政府から
スパイ罪で起訴されたのです、この通りのにかっては有りました (戸栗商店;父の店)晩年を働かれて居まして 私は彼女とは何度も会って居ます、又 最近では リメンバー パールハーバー の
世間での風潮も薄れていますが ほんの20年前くらいまでは毎年12月7日 になりますと彼女は
三大ネットワーク のインタビューを受けて気の毒でした、触らないで欲しいと私は何回思ったことか、彼女は すでに軍事法廷で裁かれ服役して この 戦争の犠牲者なのです と アメリカに住めばこその真実です。


a0048958_15375842.jpg
a0048958_15381471.jpg
a0048958_15384846.jpg

上の3枚の写真は クラーク ストリート の街並み、お洒落なカフエ、馬車に乗った家族連れ、今はやっているんですねこの様なサービスが、丁度京都で人力車が走っているようなものです。
このお店は夜は 豪華デイナー、昼は軽いランチをサービスします、又道を有る居ている女性もなんか垢抜けています、この近辺はちょっとモダンなエリアが好きな人、はたまた夜も楽しく過ごしたい方に向いています。

a0048958_15391459.jpg

IMAGE|a0048958_15393899.jpg|201311/07/58/|mid|420|315#]
a0048958_15395268.jpg
a0048958_15401085.jpg
a0048958_15403886.jpg

先ほどご紹介の場所です この通りは北に向かってとても永く続いています、北に行くほど ビルが多くなります が 今の景色は オールドタウン の模様で 人々は お茶をしたり、また 皆さんが住む アパートメント、この辺りの家賃はとても高いです、昔 シアーズのわが社の物の仕入れ担当者も住んでいました、彼女の言いますにはその家賃の高さは驚くばかりだそうですが、それでも若者やその筋の業界の人々の憧れの街、もう少し行くと街並みはがらりと変わって カブス球場を抜けるとだんだんと インターナショナルになり、私達は 数少ない 日本食のマーケットに行ったものです
a0048958_15405897.jpg

この店は カブス球場の近くです、上を EL の線路が走っています と 現代でも何も変わらず今までのままで営業している鉄道です、市営です、その下の パブ では皆が思い思いのアルコールやライト ドリンク、食べ物などを注文して居ました、中々良い雰囲気で週末を楽しんで居ます、大体この様な集まりは個人的なつながりの友達です、こちらでは勤務先の人とは プライベート はほとんど付き合いがありません、日本の居酒屋に勤め帰りに同僚が隊伍を組んで飲みに来る事は有りません、あれは日本独特の習慣ですね、特に夜の居酒屋は職場の続きかと思うほどに 同僚のこと、会社のこと、上司のこと、この人たちは何処の会社に勤めて居るか分かりますよ(笑)。
ちなみに EL とは Electric Line の事です。

a0048958_15412266.jpg

シカゴ カブス の球場の 道一本隔てた観覧席です、ここは普通の民家の屋根にシートを拵えています、丁度この方向が カブス球場の外野席で囲いが無いのですね、それを近所の人が我が家の屋根に観客席を拵えて料金を取って見せています、勿論 カブスには1セントも払っていません、それで
カブス側この場所に塀を建てると言います騒動が持ち上がりました 勿論ですよ球場に入る人は カブスに入場料を支払っているのですから、それが 市議まで巻き込んでの騒動で市議は賂でももらっているのでしょうか 兎に角市会議員の中に反対の人が居て カブス は今困っているんです。
この 観覧料を支払わないと言います家主の方がおかしいです、裁判になると言って居ますが。
全く アメリカらしい と 共に 何でこの球場は街のど真ん中に建築したのか、シカゴには
他に もう一つ シカゴ ホワイトソックス がありこれは郊外に球場が有るのでこの様な問題は起きては居ません と 前代未聞争いです。
a0048958_15414440.jpg
a0048958_1542495.jpg

カブス 球場 戸近所のみやげ物やです、この日は シカゴ カブス対 セントルイス カージナルス と言います好カードです、お客さんも沢山入っています、セントルイス カージナルス は強豪ですね、今年の ワールド シリーズ を ボストン レッドソックス と闘ったのですが、何か一方的に負けちゃったけれど、 こちらの LA ドジャース はこのカージナルス と 西地区の覇者を争ったのです、もう少しで勝てた良い試合でした。
a0048958_15422876.jpg
a0048958_15424855.jpg

歓楽街にある 見事な建築物の教会です、この辺は カソリック が多いと思います、シカゴは
アイルランド人の祖先を持った人々が多いです。
昔 と言ってもほんの50年程前には アメリカ大統領になるには: 1 ホワイト、2 アングロサクソン、3 プロセスタント、4 離婚経験ない、以上の条件が必至と言われていましたが
ケネデイ が プロセスタントでそのジンクスを破り、レーガン が 離婚経験者とカソリックでそのジンクスを破り、今は オバマが ホワイトでない人種で ホワイトのジンクスを破っています
と 世界は見事に変わってきています。

a0048958_1543109.jpg
a0048958_15433167.jpg
a0048958_15435178.jpg
a0048958_1544124.jpg

まだまだ続く クラーク ストリート、 道の木の下で くつろぐ人々、EL の駅です高架になって居ます、ここは ベルモントの駅で 駐在員の時の友人が住んでいました し 小栗商店も近いです
シカゴは ダウンタウンより これから北に行くほどに沢山の物語があると言います、LA には無い歴史を持った都市です、California は最近 シリコン バレー などが出来て脚光を浴びていますが、歴史を知りたければ シカゴです、古くからの商業都市で世界で6番目に大きいミシガン湖を抱え、ここから 五大湖を通って セントローレンス川に出 そして 大西洋にと ヨーロッパに続いています。

a0048958_15443156.jpg

6日目 帰宅です 2時間の差が有ります LA は未だ早い時間、アメリカ大陸は3時間の時差 ハワイとNY は5時間の時差です と この広いアメリカに住んで色々な事を学んできました、未だ学ばなければならない事山ほどあります、長い間お付き合い下さいましてありがとうございました。
アメリカン航空です 私達はこの会社が好きですね。

[PR]
by ustomi | 2013-11-07 15:45 | 2013年 11月!!

シカゴの旅 4.5目 #2

今回は シカゴの 目抜き通りです 一番賑やかな ”State Street” 前はこの通りは特別な
高級店ばかりでした が 今は 観光客や只の買わないお客さんが多くなり、 LA の ビバリーヒル の ロデイ ドライブ化 しています、それに安物やさんが多くなって 昔日の面影はなくなりました、人でごった返して居ます。
又 オフイス街 も近くでそれも掲載しました。

a0048958_6535660.jpg

この ビルデイングは 保険会社、 保険会社は儲かるのかな?どの本社を見ても豪華な建築物ですね。形が変わった建物で 末広がりですね。
a0048958_6541311.jpg

例の先にお見せした シアーズ タワーです、もう他の会社の名前に変わって 昔日のシアーズの隆盛はありません、シーアーズ は大体 オーダー ブック を発行して居ました、昔は郊外などに
御店が無く 小売店 か 行商 の人たちから高い値段で買って居たのですね、地方の人たちは
それを画期的な カタログ販売を打ち出してアメリカ全土に良いものを短時日で届けると言います商法をとり アメリカ人の需要にこたえて飛躍的に売り上げが伸び、カナダにも販売会社を作りましたが 近代のインターネット商法にと新興勢力の安値販売にだんだんとビジネスを失われて次第です
カタログの冊子は まるで 電話帳より厚く何から何まで売っていました。
又皆様は記憶に新しいと思いますが 第二次世界大戦の時に 日系人やドイツ人、イタリア人などが
コンセンレートされた 収容所を憶えていますか、この箇所でもとても重宝されました、塀の外には出られませんが、中で色々な作業につきますと賃金が支給されます、米国政府から、そのお金で
日用に入用なものを注文買いをカタログを見ては注文できました。
と 今の 楽天 や AMAZON、ebay、 の様なものでした 只 インターネットでなく注文書ですか それでも日常の身の回りを整える事が出来たのです、食料はアメリカ政府が支給をしてくれていました。
a0048958_6543123.jpg
a0048958_6544842.jpg

上の2枚の画像は 美術館のそばに有ります 変わった噴水状でしてこのコンクリートを伝って水が下に流れて 子供達は大喜びで水遊びです と 夏の一こま。
a0048958_655168.jpg
a0048958_6551541.jpg

この日は 土曜日でしたので 結婚式があり、新郎新婦はこれから ミシガン湖のほとりにある
美術館のホールに向かうのかな? 後には友人一同ゾロゾロと続きます と 人生最高の日ですね
アメリカではこの様な 通りを歩いて式場かセレブレート場に向かいますのは当たり前です。私の友人の息子さんは 「りんご園」で式をしました屋外ですがこれも斬新ですね。


この デジタルブック は シカゴ川の風景です、中に説明があります一枚づつおめくり下さい
シカゴ川は 2月12日 の セイントバレンタイデイ には川を緑に染めて流します、シカゴは昔から アイルランド人の移民が多かったせいで盛大にお祝いします。



Published by デジブック

a0048958_1515637.jpg

最後の画像は マーチャンダイズ マート ビルデイング、 シカゴ一に 床面積の多い巨大なビルデイングです、夫の会社も此処に
オフイスが有り 良く遊びに行きましたが 大手の日本の商事会社は皆入っていました と 懐かしくもあるビルデイング、先にご紹介した セクレタリー 彼女がもっとも輝いていた時でした、シカゴ川のほとりに建っています。


最後の ご紹介 クラーク ストリート(此処は物語が尽きないほどです、アル カポネ、 エリオット ネス、はたまた歓楽街も控えています し シカゴ カブスもありと賑やかなな通り)
もう少しご辛抱願って最後までお付き合いください。

[PR]
by ustomi | 2013-11-02 14:48 | 2013年 10月!