「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ARIZONA 記念館 IN ハワイ #2;

最後になります ARIZONA記念館 です。
この日も昨日も毎日が 青空の ホノルルです、私たちは余り繁華街には興味が無く車を走らせては
誰も行かない場所探しに行きます、今回は ARIZONA記念館を見た帰りに 友人の娘さん夫婦が又新しく買った家を見に パール市まで行きました、この家はセカンドハンド ですが庭に果物の木が多くあり 一人息子の為に環境が良いので買ったと言われていました。
彼らは 日系4世です と 言いますことは子供は 日系5世ですね、と ハワイは日系人の歴史が古く 今では ハワイでは 日系7世まではいます、赤ちゃんを含めて。
この パール市に行くまでに ”YOKOHAMA BEACH” と言います海岸が有り長く砂浜が続いています、このビーチに行くまでに 部落といいますか街ですね、この町は 「武蔵丸関取」が生まれて育った町で皆さん 貧困層が多いですね、皆生活保護を受けている人々が多いです と ポリネシアンが大多数を占めていますタウン、 ダイアモンド ヘッド 当たりとは対照的な町、アメリカは
金持ちと貧困層の対比が猛烈に違います、でも私はこの自由なアメリカは大好き...この様に何を書き散らしても自由ですから。

a0048958_6471425.jpg
a0048958_6475982.jpg

上の2枚の写真は 奇襲攻撃される前の艦船の配備です、あらかたの艦船は Ford島に集められていました、まさか空爆されるとはアメリカ軍も考えていなかったそうです、この作戦は ハワイから
約200マイル沖合まで 「空母:赤城」 を待機させて そこから 真珠湾に奇襲攻撃をしたわけです、これは山本元帥の 作戦だったそうです と 日本海軍はこれにて開戦の火ぶたを切ったわけですね、今でも Ford島は大事な軍事基地です。
a0048958_6482123.jpg

戦前の ホノルル の街並みです これはダウンタウンでしょうね、大きいビルが有ります と
結構にぎやかな感じがします、この年代は 日本人は サトウキビ畑 か パイナップル畑で働いて居ました、今私の友人達も昔はこの様な観光産業が無く 皆本土に来て 大学に入りそのまま本土にて就職をします、大抵の人は 教職に就くかまたは本土の官公庁に勤務していました、彼らは退職後または早くに仕事を辞めてハワイに帰ります そして生まれ故郷で余生を過ごす人が多いです
理由は 1950年代までは 日系人は アメリカ生まれでも市民権を剥奪されたり、土地の所有を認められなかったりと言います弊害が有りまして 暮らしてゆくには大変でした が 皆日系人が団結して市民権の権利の回復に尽力したからです と 此処に住まなければ分からないことが多いです

a0048958_6485510.jpg
a0048958_6491446.jpg

今 ご覧になって居ます 画像は 真珠湾奇襲作戦の折の 日本空軍の戦闘機です、ご覧のように
画像に 12・7・ am9 となって居ます。

a0048958_6493068.jpg

この半円形の 名簿は この 12月7日の 奇襲攻撃で亡くなられた方の名前が刻んで有ります
この中に 8か月の赤ちゃん、6歳の子供の名前も刻まれています。
この小さい子供はなぜ? と疑問に思いまして 私の教会に来ていられるハワイ生まれの年輩の方に尋ねたら、これは 空中戦 の犠牲者だと言って居ました、彼はその時は子供で その後は ベトナム戦線に行ったそうですが健康に問題が有り帰国させられた言われていました、しかし私たちの無二の親友は ベトナム戦線に参戦して 隣で戦友が弾に打たれて死ぬのを見る毎日を過ごし 明日は自分の番だな~と考える毎日を送ったそうです、と 戦争はすべての幸せを奪いますね、幸い彼は帰国が出来今は 大学を工科を出て 石油プラントで働いて居ますが、少し人生を達観しているようです。

a0048958_649535.jpg
a0048958_6501559.jpg

上の写真はどなたも目になされたと思います、 昭和天皇 と マッカーサー元帥ですね、この時の二人の画像について賛否両論が有りますが この時代は 日本は 欧米諸国+ロシア に無条件降伏をして 国民の命を守ったわけですから 私は 「無条件降伏」 の文字はいかなる処遇を受けてもそれは甘んじなければといいますことではと思います、軍部の一部が日本の国の力の有りようを間違えて突入した戦争ですから。昭和天皇はその統率者でやはり無辜のわが国民を戦争に巻き込んで沢山の命は落とさせたのです、最近読みました 本で色々な事を知りました。
a0048958_6503718.jpg

上の模型は 航空母艦:赤城です。
a0048958_6505961.jpg

上の艦船は 戦闘艦の模型です。
a0048958_6511988.jpg
a0048958_6514448.jpg

上の2枚の画像は 戦争を知らない といいますか アメリカは何処かでいつも 外国の内戦に関与をしていますから 有る人々は戦争はと言いますことを知って居るのですがわが本土内では起こって居ませんから、やはり戦争を知らない世代が見学に来て少しは分かって貰えるかな~と淡い期待です。
a0048958_14533438.jpg

この コラージュ に仕立てたのは 70年前に起きた世界大戦 の時に軍事について働いて居た方々及びその折に使用された様々のものです。

此処から ハワイを満喫できる 繁華街です。

a0048958_652563.jpg

ワイキキの浜辺ですダイアモンドヘッド が彼方に見えます このビーチは市民の憩いの場で これでホテル等が浜辺の近辺の土地を確保して 一般市民にはほんの少しのビーチが残された居るだけです と ハワイ州はもっと州民やホテルに宿泊しない観光客の為にビーチを確保すべきです。


a0048958_6522851.jpg

同じ ビーチです これは西に日が沈む光景ですね、中々ロマンテイックな景色、近くに有るホテルの
ダイニングバーから にぎやか音楽が聞こえてきます。
又 遠くにはこれから ハワイ諸島を廻る 観光船が夕方から出航して次の港に一晩かけて航行してゆきます、中では今は デイナー タイム でして豪華な フルコースがサービスされているのでは
この航路は ハワイ4島と他に フランス領の島に寄ります、と言いますのは 何処か一国だけは外国を寄らないと従業員を確保するのは アメリカ人だけと決められた法律が有ります

a0048958_6525575.jpg

KUHIO BEACH の無料音楽バンドの演奏です、この少し前に フラダンス のショーがあったのですが 少し遅れた私は観ることが出来ませんでした、この時点で腹痛が始まって居たのですが
いつもの事と思い 帰って食事をしました それから明日の朝からの地獄の苦しみ....。






この ビーチ の商店街での演奏です ハワイアンと言ううよりか フィリッピン人ですね
ハワイは 最近はフイリッピンの人口が増えています、お聞きください。



この花火大会は 毎週金曜日の夜 7時45分から ホテル ヒルトン ビレッジ ワイキキの
前の浜辺で市が主催で打ち上げます、この週の後に ハワイの知人から 長岡花火大会に画像が届きました。
この時は 私は朝から具合が悪く薬を飲んだりと手当の甲斐なく嘔吐のの繰り返しで、翌日にホスピタルの救急に駆け込んだのですが、聞いてくださいこの友人たちのはしゃぎよう ベランダからとてもよく見え 私に ムービー で撮ってくれと言います腹が立ってね、それでも一回だけ撮影して
又 洗面所に駆け込む有様でした このおかげでたったの3日間で4キロ痩せました。皆はケーキや夕食のごちそうを持って花火を見に来たので気の毒と思いましてね、この階は41回ですからよく見えました。


a0048958_143542.jpg

最後に ワイキキの夜景をオマケです。

皆さま長い間お付き合い頂き有難うございました、私は日本で20代半ばまで育ち、それから
アメリカといいます国に住み 両国の側面から物事を見ることがなんと幸せかと思いました、それぞれの主張や思いが有るとは存じますが、 今盛んに言われています グローバル と言いますことを
毎日この身で実感しています。
又先の ARIZONA記念館 に行きました帰りに出口で中年の警備兵士に尋ねられました、貴女はこの国に住んで何年になると ワタシ 40年過ぎと答えたら何回ここに来たと聞かれたので初めてです と答えたら 笑いながらそれはいけないね~と説教されました とことほど左様にアメリカ国民は自国の歴史に興味を持ってほしいのです、これで又一つ勉強です。

[PR]
by ustomi | 2014-03-26 06:54 | 2014年 3月!!

ARIZONA 記念館 in Hawaii #1

いよいよ 「ARIZONA 記念館」 のご紹介です。
もう 70年経ったかと言う思いと未だ70年しか経っていない戦争の傷跡といいますか、この紺碧の
青空の下で見ます パールハーバー湾 の姿は平和そのものです、大半の見学者はその歴史すら知らない世代になりました。
この施設は ホノルル空港から約15分の距離にあります 自然が作った堅固な軍港です、空から見ますと湾の入口は大変狭くできています が 湾内は大きく孤を描くように広がって居ます。
13年前に ロシア の バルチック軍港を見たことが有りますが、あれと比べるとなんと神様が意図的に作られた湾です。
今は 海軍の基地になり(昔からですが)この 「ARIZONA 記念館」は海軍が管理いたしています、入場料は無料、ただしセキュリテイー為に バッグ類の持ち込みは禁止で カメラ、財布類だけで 他のものは入口の外に有ります荷物預けに預けます と 案外 警備は厳しいですが中に働いて居ます 海軍の人々は大変親切です、いつも目が合うとようこそと言ってくれます。

a0048958_8185566.jpg

ARIZONA 記念館の入り口に有ります 標識です、この時代は 艦隊にはすべて アメリカ各州の名前が冠されています、UTAH、OKLAHOMA、などなどです。他にもたくさん船が撃沈されていますが 今はこれだけが現存しています。

a0048958_8205976.jpg

少し目の保養に 花はいかが 南国の赤い色鮮やかな....
a0048958_8213231.jpg

この艦船は 駆逐艦ではありませんね、大砲がついて居ません、たぶん軍用艦の内でも裏方では
ARIZONA は Battleship と書かれていましたから 駆逐艦でしょう。

a0048958_823534.jpg

この ボート は 陸地から ARIZONA記念館まで入園者を運ぶ船です、働いて居る方たちはすべてアメリカ海軍所属の兵隊です。
a0048958_823362.jpg

a0048958_824341.jpg

ARIZONA記念館 と その入り口です、この中に 12月7日に撃沈された ARIZONA の乗組員の名前が彫り込んだ壁面が有ります それは デジタルブック でご覧ください、ARIZONA の
乗務艦船者は 1177人 が戦死いたしました。

a0048958_825073.jpg

記念館 の上に 星条旗がはためいています、アメリカ人はこの旗を大変大事にします がもっとも
洋服や バンダナ などに使用ですが中々デザインが良いです、また 国歌 も大変尊敬します、
野球など他の試合の時には最初に 国家斎唱をいたして 左の胸に手を当て敬意を表します。

a0048958_8251639.jpg

a0048958_8254219.jpg

a0048958_8262159.jpg

a0048958_8265187.jpg

a0048958_8271829.jpg

a0048958_8274016.jpg

a0048958_828429.jpg

今 海底に見えますのは 70年前に 真珠湾奇襲攻撃で沈んだ ARIZONA の残骸です、今は
それなりに世界は平和を何とか保っていますが、この悲劇は 日本が敗戦と言います3年半後の結果を招いた始まりです。

a0048958_828266.jpg

a0048958_828506.jpg

a0048958_8291596.jpg

上の写真は メモリアルの印と 向こう側に見えます橋は Ford島に渡る橋で、真珠湾攻撃をされた際にはこの ford島の周りにあらゆる艦船が並んでいますと言いますことで空からの襲撃は予想もしてなくて海面からの攻撃だと思って居たようです、この奇襲作戦は ”山本五十六元帥”の作戦で
彼は 後半 南洋の海で敵か味方かわからぬ航空機に撃墜されて亡くなりました 日本国内では
山本元帥は留学の経験もある人で外国を熟知していまして 最初はこの無謀な戦争に突入するのを反対していましたと今でも色々な文献で読みます。
a0048958_8293851.jpg

ARIZONA号 が撃沈された時の写真です、すざましい 炎と煙ですね。
a0048958_830263.jpg

この白い 印の ブイ は すべて12月7日に撃沈された 艦船の後のメモリアルです。





デジタルブックにて未だ有ります細かい部分をご紹介いたします、時間はかかりません是非ご覧ください、戦前の ホノルル の 街や 日系人の平均的な家庭、また 日系部隊の隊員の画像、はたまた この攻撃にかかわった 日本の飛行部隊の隊員方々の画像もあります。

まだまだ続く パールハーバー と ワイキキの繁華街を掲載します、この時は至って元気でしたが
あくる日から地獄の日々でした。

[PR]
by ustomi | 2014-03-17 15:37 | 2014年 3月!!

ハワイ ワイキキ の水族館 #2;

大変説明が遅くなりまして申し訳ありません、3日前に WINDOWS8 に新しく変えました。
それで  前から皆にあれは使いにくいから (7) にしとけと言われていましたがどうにかわけがわからないまま出発進行をいたしました、今回で お魚たちとはお別れになりますので気合を入れて説明しなければ なんて思いながらもう忘れているのでそこそこの説明ですよろしくお願いいたします。


まず こちらの 水槽です 主役は「ジャイアント クラム」です あちこちに見えますがハワイ近海で摂れますそうです、この一番大きいのは小さいときに捕獲してこの水族館に来ました そしてまだ 5歳だそうです、といいますことは子供ですね、エサはいらないそうで自分の体内から製造して
自分の栄養にし育って行くといいます、メカニズはどうなっているのかわからないですが(本当は説明があった)ともかく手がかからず健康に気を付ける、環境をよくするといいますのが大事。

a0048958_6494990.jpg

こちらは クラゲちゃん の種族でしていろいろいますので、コラージュにしてみました。
こう見ますと小さいのはかわいいですが 子供のころに海水浴で刺されて記憶は拭えませんね、あの痛さ大人は我慢しますが、子供の時は泣きます と 思い出多きクラゲ。

)
幽界に居るような感じがします クラゲ の水槽です、暗い中で見ていますとまるで ホラ ホテルの最上階にある 高級バー が連想されますとあまり良い例ではないか。



)

なかなか男前の魚とサンゴの種類です、この 白黒模様の魚は勇敢といいますか、それとも男前自慢といいますか、私がカメラを構えている前を何度も往復してはこちらに顔を向けて呉れます、まあー
皆から恰好がいいねと言われて居るのでしょうね、それは人間様もそばで言って居ましたね、それあの魚マンダラ模様でいいと(これは英語で言ってるのを翻訳(笑い)。
なを サンゴ類は この広い太平洋に棲息します種類だそうです。


)

これこそ勇猛な海の男たちと言っては過言ですが、マグロ、ぐれ、はまち、その他色々で悠然と泳いでいます、特に真ん中あたりじっとしている魚にご注目ください これ 生きています、すこしづつ体をうごしています、今に中央に向きます。


)

まるで 竜宮城 の乙姫様が何匹も居るような 美しい赤い衣をつけて忙しげに泳いでいます優雅にかな~、ともかく私も初めて見た金魚の大型な魚です、光線の加減で白っぽく見えますが中には赤い友禅の色のようです、でも結構仲間の領域でやりあっている姿がありますと、綺麗ですが生きるためにはですね。


)

最後の動画は 岩肌についています、藻 などを食べてエサにしています小さい熱帯魚です
このように環境の異なった世界で飼うのは大変な事だそうで、そばにどのような器械を操作して海水を取り込み、酸素を送りと展示して説明していましたが、撮影忘れた、といいますわけです


a0048958_959618.jpg


最後にお魚たちの盛ぞろえで今回はお別れです、かわいい海の妖精たち、コラージュにしました。

なを 次回は 「ARIZONA MEMORIAL」です、私も初めて訪れました、70年前の歴史が厳然と残された場所です、是非またお越しくださいますことお願いいたします。
[PR]
by ustomi | 2014-03-09 04:49 | 2014年 3月!!

ハワイ は ワイキキの 水族館;

ハワイの ホノルルに1週間の休暇です が 今回はえらい目に会って正味3日間だけの楽しみです。
a0048958_15172615.jpg
a0048958_151739100.jpg

サービスをしてくれて居ます従業員。やはり フイリッピン人が多く働いています、のんきで陽気でうれしくなっちゃう。
a0048958_15175859.jpg
a0048958_15181763.jpg
a0048958_15184199.jpg

ハワイ は ワイキキに有ります Island Coloney Cond。
到着日日には マネジャー がウエルカム ドリンク パーテイー を開いてくれました、この階は
最上階の Roof の部分で45階です、遠くの ワイキキの海やパールハーバーが見えます、下には
アラ ワイ 通りに沿って カナルが流れています、その脇に市営のゴルフ場、昔は 1ラウンド廻るのに6ドルと安かったです が 今は大分高くなりました、でも CA 住民は身分証 を見せると割安になります。
a0048958_11164178.jpg

借りた 部屋です、こちらは リビング、ダイニング、そしてキッチン、と広々として山側です
奥に見えますのが ベットルームです、その先は ラナイ(ハワイでは ベランダの事、もう一つ部屋があるみたいなほどの広さで、41階ですから遠くパールハーバーまで見えます、又山側は
夜景の美しい 「タンタラの丘」が見えます。それから その先に住民専用の プール が見えます
凄い事に この プールのすぐそばで 私は 宿泊3日目の朝に 盛大に嘔吐をして皆に助けられると言います珍事を起こしました、それからのいきさつは もう 何がなんだか毎日苦しさに寝込んでいました と 今回の 旅行顛末記、病名は ストマック フルー (胃腸系の流感です)。



~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*

ここからは到着日の翌日の昼間 買い物に行き、その帰りに寄りました 「Hononolulu Aquariaum」
です、今年で 開園110年を迎えます 歴史ある水族館、1919年からは ハワイ大学の水産学科
が管理をします 特に 近海や太平洋などに生息します 珊瑚や熱帯魚を生育して皆さんに観て頂きます、小さいですが内容は素晴らしいです、係員も居まして色々と説明や実演してくれ、私がこの
パフ フィッシュは食べられるのかな~と聞きましたらこれ以上は大きくならないと、又 ハワイ近海の うにを見て余り小さいのでこれ大きくなるの? と聞きましたら大きくなって California産
のうにみたいになるねと説明してくれたり さわるー?なんてねこれは痛いから言いワーなんて子供みたいに騒いでいました、小さい坊主は 「No Thank Yuo」だって逃げてわらちゃった。

a0048958_151991.jpg
a0048958_15192662.jpg

このシール は「monk seal(坊さんあざらし)」です、孤独が好きで群れはしないそうです
夜にえさ探しに出かけて昼間はだらりんと過ごしているそうです、 又本格的なイルカ ショーが見たければ 飛行場の傍に大きい 「Sea Padise」があります、でもこの水族館の方が大人向きですね。
a0048958_15194725.jpg
a0048958_15201118.jpg
a0048958_15202869.jpg
a0048958_15204225.jpg
a0048958_1521230.jpg

a0048958_15233945.jpg







[PR]
by ustomi | 2014-03-06 15:22 | 2014年 3月!!