Griffith Observatory, in LA.

グリフィス 天文台のご紹介です、これは わが家からも朝晩見ています風景です。
この グリフイス公園の歴史をお話ししますと、遡ること 1896年の クリスマス プレゼントと
して グリフイス、ジエンキンス・グリフイス氏が ロスアンジェルス市に寄付をいたしました。
この山全体の広さは 約 3.015エーカー (東京ドーム261個分です}。
天文台の他に 野外劇場{グリフイス シアター)動物園、ゴルフ場、ミユーウジアム、乗り物展示場(主に古き良き時代の列車)、広大な ピクニック エリア、などなどあります。
ところが この寄贈者 グリフイス氏は重大な罪を犯しました、それは 自分の妻を拳銃で撃ったのです、サンタモニカの高級ホテルで、その時に彼は相当酒を呑んで酩酊していました が 準殺人罪
に問われて 「サン・クエンテイン刑務所」に収監されて2年間の刑に服しました、今もこの刑務所は存在して 主に 死刑囚 を収容しています。
といいますわけで 彼は出所後 1912年 に この天文台の建設を申し出たのですが 犯罪者の名前を冠するのはと反対があり 彼の死後 グリフイス財団が出来それで 1935年に天文台ができました。

a0048958_2185725.jpg

a0048958_1485157.jpg

上の2枚の画像は この度改装された 天文台です、ここからは 遠く”Long Beach” が晴れた日には見えます が今日は暑い気温の為にスモッグが多くて、冬のキーンと晴れた夜は素晴らしい夜景が見られます、LA は街並みが碁盤の目の様になって居ますからそれは息を呑むほどです、香港、リオデジャネイロ、などの夜景とは比べようも無い広大な光の景色です。
改造は2006年の前 約4年かけて改装されたので 私達は10年くらいは行くことが出来ませんでした。
a0048958_224417.jpg

天文台側から見た HOLLYWOOD の大看板、ここの下まで徒歩でハイキング気分で行けます
a0048958_2193339.jpg

ロスアンジェルス の ダウンタウンのビル群です、 一番中心地で官庁、商社、証言業界、などなど が ひしめいている一画で、すべての役所機能などが有る地域、日本人街もこの近くです が
本日は スモッグの為にすべてが霞んで見えます。
a0048958_1493122.jpg

この方角は ベバリーヒルス、サンタモニカ方面の ビル群です、又 山の手は 世界に名だたる
ベバリヒルスの高級住宅街が山肌に張り付いて見えます、今は人種を問わずに金さえ有れば帰る住宅地、アメリカは変わりました、黒人大統領の誕生。
私が アメリカに来た当座は思いも及ばなかった事です 大統領になる為の条件は
「ホワイト、プロテスタント教、離婚経験が無い、etc.」 でしたが 初めての キャソリック教徒の大統領は ケネデイ、次に 離婚経験が有る が レーガン、そして 黒人の初めての大統領が
オバマ氏です と 歴史は変わりつつあります。
a0048958_1410642.jpg

ジエーム デイーン がここで撮影した ”理由なき反抗” の記念の胸像です、昔の話ですね
私はこの映画は見て居ませんし、未だ日本に居たしで、他に数本の映画の撮影が有りました。

a0048958_14103492.jpg

後ろの山全体が グリフイス公園です、一番奥は違いますが、ここの 望遠鏡で見ますと
ドジャース球場が見えます と 中国人街も良く見えます。

a0048958_14105542.jpg

通りすがりの方が連れていた 犬です、この犬を撮らせてもらった時に聞いたのですが この犬種は吠えないかと聞いたらやっぱり吠えますんですと、スピッツだからね、綺麗に手入れをして、でも私には撫でても吠えませんでしたけれど、犬好きは分かるのかな~?
a0048958_14112115.jpg

これは 天文台の正面に有る 歴代の天文学者の彫刻です、中には BC なんてのも有る方が居ます、今こちらを向いているのは 誰でもご存知の ”ガリレオ”ですね。
このお方は イタリア トスカーナ地方の ピサ で1564年に生まれました、そして 1642年に没しました フイレンッツで。 専門は 天文学、物理学、哲学です。
なを ピサ の斜塔の隣に有ります 教会に下記にお見せする 時短 の振子が有りましたね、彼の故郷ですから

a0048958_14121226.jpg

天空の星空です なんと素晴らしい景色と色合いでしょう、この天文台には プラネタリュム が有ります、今回は時間の都合で見ませんでしたが 宇宙とはと言います神秘に出会えます。
a0048958_12342565.jpg

この夜景の中の グリフイス天文台 の画像を広告からおかりしました。
a0048958_12345881.jpg

Griffith Thater です 此処は野外劇場で 山の斜面を上手に使い階段状の劇場です、LA なればこその劇場ですね 雨がないこれが一番の武器、これと同じのが Hollywood Bowl です あちらはもう少し規模が大きいです、こちらは でも有名歌手やロックバンドの演奏が季節的に
6月から10月まで公演があります、ここで前に セクシイーチョコレートと言われた ハリー ベラフオンテなどなど沢山の公園を聞きにきました。今は寄る年波で余り夜が出たくなく色々な催しが有るのですがひとっ走りで行けるのですが怠けています。





この振子は 地球 の磁気で動いて居ます、見ていると少しづつ振子が廻って行きます 一回りすると24時間(一日です)さすがそれを見届けることは無いですが(笑) 先に書きました ピサの斜塔の隣の教会にこれと同じものが設置されて居ます、それは ガレリオ の生地だからです。




もう一つ こちらは 模型で見せています 地球の周りを太陽が廻ってゆく過程でしょう、朝が来て
ひが沈むまでの模様です 見ていると飽きません


a0048958_14114144.jpg

この計測器は 太陽の光で時間がわかると言います器械、宇宙の素晴らしさを体験できます。
a0048958_1239478.jpg

さて 最後に この素晴らしい Griffith Park を 私達 LA 市民に贈って下さったお方
Griffith氏の画像です。
経歴は 彼は 1850年代に 英国 ウエールズに生まれ 10代の時にアメリカに移民、それから
貧困の中 鉱山記者、鉱山アドバイザー などを経て メキシコの銀山で成功して富豪になり
1882年 ロスアンジェルスに移住 その後は名家の娘と結婚し、さらに 有り余る富を私達に
贈り 感謝です が その後がいけない 彼は禁酒かを装って居ましたが相当の酒飲みで、お酒を呑むと 偏執性妄想 に陥る癖があり 妻を拳銃で撃つと言います発狂状態を起こしました、
幸い撃たれた妻は 片目を失いましたが命は助かったそうです。
で その後名誉挽回の為に この 天文台の建設を申し出て反対されて失意の内に1919年に亡くなりました、合掌。

[PR]
# by ustomi | 2014-09-27 02:12 | 2014年 9月!!

Grand Canyon ・ West Rim;

毎年 恒例の私たちグループで行く2泊3日の Las Vegas行きです。
皆さん 普段からお付き合いが有りまして、毎回皆が持ち寄りのご馳走でお腹が到着するまでに一杯になりました。
列記すると、ビール、焼酎?、ソフトドリンク、手製の高菜すし、ビーフジャーキー、アンパン(これが中国街のパンヤからで元々大きいのに誰かが間違えてその上に座ってしまい赤ん坊の顔のような大きさ)、また 手製のあんまん、霰、煎餅、クッキー、こう並べてみてもまだまだです、出発からもうお祭り気分で和気藹々、もちろん英語と和歌山弁、標準語までと、毎年この旅行は楽しみです
そして皆さん 2泊3日の内に大概は Las Vegasに貯金です。
私達は2日目の朝に Grand Canyon・West Rim に行きました。

a0048958_1321954.jpg

グランドキャニオン の 西に位置する 「West Rim」 です、ここは国立公園ではありません。「フアラバイ インデイアン居留地」と言いますことはアメリカ国家が インデイアン部族に
与えた土地なのです。
しかし上部の ジュシア ツリー以外は何も育たない土地で 彼らは牛を飼って農耕で生計を立てていますが、最近は政府の援助によりこのような ”ガラスの回廊が”が7年前に完成し、皆が訪れるようになりました、
高さは 下を流れる コロラド川から 4.000フイート(1230㍍)の場所にあり 全面ガラス張りです、側面も下の回廊の歩く道もすべてです、入場は何も持って入ることが出来ずに写真も撮れません
また 靴の上にはカバーをすることが義務付けられていますし、この回廊に入る前には セキュリテイーマシン 通らなければならないので隠して機器類の持ち込みは禁止ですね、といいますわけで
画像は外部に出たときに写したもの。これは アメリカは テロ行為が多いですからその為です。
なを 7.000トンの重さに耐えられる様に作成されています、商売気が無いのかパンフレットが見当たりませんでした。


a0048958_13365827.jpg

こちら 広告用からおかりしました高所恐怖症 のお方には是非ご覧いただきたく(笑)、皆さん
真ん中を歩いている人少ないですね... 誰でも下を見たら怖くなるんでしょうね、でも私真ん中を歩生きました、少しも怖さが分からずに下は目もくらむような景色;
a0048958_13214161.jpg

この インデイアン リザベーッション の 道案内です が 此処からは普通の車両は入れません
インデイアン の人が運転します 循環バス廻ります、一応 インデイアン居留地への 入場料は
多分 29ドルではと思います、又 ガラスの回廊への入場料はやはり 29ドルになって居ますが
私の調べでは35ドルですが、兎に角私達はバスに乗せてもらってナンボと言います事で詳細は不明です、たぶん今は35ドルが正しいと思います。

a0048958_1322651.jpg

ガラスの 回廊の 入り口の ビルデイング、色はやはりこの地の色に合わせて茶色ですね。
a0048958_13222799.jpg

a0048958_13231327.jpg

上の2枚の画像は インデイアン部族 の昔の住居です、今は観光用で。
又 もう一枚は この土地にある 飛行場です、ラスベガス行きのセスナ機も待機、又観光用の
ヘリコプターも有ります、どこまで飛行するのか聞き漏らしましたが この辺りでしたら余り興奮しませんね、この岩肌には Grand Canyon 独特の色が有りません、モノトーンが多いです、矢張り
Grand Canyon の岩肌の色合いは素晴らしいです何回でも行きたい場所。


a0048958_13233992.jpg

真ん中を流れる茶色の川が コロラドリバー この頃お天気続きで水がきれいでは有りません。


最初にバスが止まった ”Bastow の町です、LAから 約2時間半、みなこのバス ストップ で休憩です、ここから Las Vegas までは もう2時間かかります、昔友人がこの町から LA に毎日働きに来ていました なぜか もう大変だからやめたら良いのにと思って居ましたが、その方も亡くなってね。
さて Las Vegas に着いて明日は 5時半 にバスが迎えに来るので早寝ですね。
途中 フーバーダム に寄りましたが 急な階段を上って トンネルを超えて行かないと ダム が見えません様になりました と昨年とすっかり様変わりですから 何度も見ているので パス。
さて此処からは FWY からハイウエイに入り そして インデイアン リザベーッション の入り口につきます、そこからの景色は一変して 延々と 「ジュシア ツリー」が生える土地になります
ジュシア ツリー は砂漠生える水も必要のない樹木と言いますか カクタス です。
アリゾナ、ネバタ、カリフォルニア、ユタ、のあたりに自生する カクタス、しかし成長は大変遅いです、カリフォルニアは ジュシア ツリー国立公園があります 何回か行きました いつもコヨーテや、キツネ、その他砂漠に生息する動物に会います が 環境局では絶対に人間の食物を上げることは禁じられています、 (これ内緒))昔 コヨーテにクッキーを上げたら喜んで食べてね もし
パークレンジャー に見つかった逮捕の憂き目です。
フアラバイ インデイアン の地区でジュシア ツリー の間に家がところどころに見えます、でも
この町にも ダウンタウン が有ってすべてのお役所機関、裁判所、退役軍人の会館などなど すごいです、とっても小さい町ですが ドライバー はこの場所は ニューヨーク市と同じなんて冗談を言っていました、延々 27マイル の田舎道をくねくね山坂超えて West Rim 到着。 



こちらは 3か所 バスが止まる(インデイアンのです)2番目、 レストランです、バスのドライバーから チケットもらって居ますから 無料です、 チキン か ビーフ ですがこの様な
場所にしては大変美味しい食事でした、その時に写したムービーです 下をコロラド川が流れています、又 皆が思い思いに小山に登ったりしていますが 来るときに ドライバー にこのリザベーッション は網も、柵も ましてや 保険も無いと言われて、でも未だにここから落ちた人は居ないそうで、却って Grand Canyon South Rim では沢山の人々が転落しているそうです(笑)。
こうやって見ていると崖の橋に座って写真を撮っている人が結構いてこちらが恐いと思いました
そうでしょう もし私が足許が悪く坂道だらけの石ころに躓いて滑ってその崖に座っている人に当たったら彼は真っ逆さまで谷底行きですからね。



a0048958_13433519.jpg

こちらは 朝行きがけに撮りました Lake Medow です この湖を堰き止めてできたのが
かの Hoover Dam なのです、このレークの水の75%は Las Vegas で使用しているそうです、又 Hoover Dam で発電する電力の30%は やはり あの不夜城の Las Vegas で使用しています。

a0048958_13435699.jpg

a0048958_13582333.jpg

上の画像は フラファイ インデイアン部落の ジュシア ツリーです、アメリカ国家も土地を分けたと言ってもすべて 不毛地帯です。彼らは 昔から住んで居る土着の人々でこのアメリカは彼らの物だったのですが、ヨーロッパ人が入り込んで悲劇が始まったのです。
a0048958_13584382.jpg

a0048958_1359285.jpg

上記の 2枚の画像は 午後8時の Las Vegas Streep にある エクスカリバー カジノ &
ホテル と マンダレー ホテル & カジノです、何故にこんなに遅くなったかといいますと
インデイアン レザベーッション で男性が一人バスに帰って来ません 荷物は置いてあるのですが
それで私達全員彼を1時間待ちましたが 諦めて出発、今回のバスツアーには ヨーロッパ人が多かったです、その一人です が 後から電話が掛かって来て バス会社の人は彼をむかえに
再びあの田舎道を Las Vegasから行きました と ご苦労な事ですが この男の人だと誰かが
写真撮って居たのを見せて居ました。
この West Rim は Las Vegas から約3時間で着きます、South Rim(皆さんが行かれる
一番素晴らしいところは、5時間かかります)、ここだけでは少し物足りないから South Rim
の帰りに寄ると良いですね。


長い間 West Rim をお付き合い頂き有難うございました。
[PR]
# by ustomi | 2014-09-14 13:16 | 2014年 9月!!

北海道・#6;北海道大学 と 小樽;

北の果て 宗谷岬から 都会の真ん中 札幌に帰りました。
宿泊した ホテル ”リッチモンド ホテル” の入り口です、この日から3日間は(6/6、7、8、)「ヨサコイソーラン祭り」でどこもホテルは無かったのです。 札幌駅から10分ですかね、すぐそばに 北海道大学の裏門があった。
a0048958_381031.jpg

a0048958_310780.jpg

a0048958_310309.jpg

先にご紹介の ホテルのロビーは日本の着物ルームデコレートとして飾って居ました。
他の2枚の画像は 「旧北海道庁の建築物「と 街路樹 の ハナミズキ の木です、空気が本州と違いピーンしているように感じます。


北海道大学の中のご紹介です スライドショー にしました 時間が7分とかかりますから何回にも分けてご覧ください。
北海道大学は 始まりは 農学部が主でしたね、ここの農学部は充実しています、又医学部もですが
兎に角東京でなくこの広い原野に建てられた学府は素晴らしいです。
”新渡戸稲造氏”が農学部の創設者です下記に 画像が有ります。

a0048958_3141013.jpg

ウイリアム クラーク の 胸像です、クラーク博士 は アマースト大学(アメリカ)で教えていたときに その中に 日本人留学生 新島襄(のちの同社社大学創設者)の熱心な要請により 1876年の夏に 北海道大学の教頭に就任する が 約8か月後に辞職し その後 マサセツ
チュー工科大を辞めて 鉱山業に友人とかかわるが最後は破産し59歳で心臓病でこの世を去る。
有名な 言葉「Boys' be ambitious」 と言葉を北海道大皆に残して帰国。
a0048958_3143711.jpg

新渡戸稲造氏 の 胸像、新渡戸氏は この北海道大学の 農学部の創設者であり、また学生に
思想も教えています、著書 の「武士道」は今もアメリカではと言いますか日本でも長く読み伝えられています、ちなみに彼の妻は クエーカー教徒でして メアリー エルキントンで 日本名は
万里子です、国際結婚の走りですね。この胸像は農学部実地研修の場所立っています。
a0048958_3151496.jpg

a0048958_3154041.jpg

上 2枚の画像は有名な 北大の ポプラ並木です、 平成16年の台風で8本が倒木したので 只今
農学部で修理、改善を行って居ます が このエリアには誰も足を運んできません、広大な農場を
私が独り占めです、遠くを走る車の音が聞こえるだけです。静寂な空気は旅で疲れた体を十分に休ませてくれました。
上の スライドショー の後半は素晴らしい植物が一杯です どうぞお見逃しなく。


こちらは 裏門から入ったら すぐのところにクラークビルでイング有り 可愛い女子学生に勧誘されて ついふらふらと入った 「エレクトーン演奏会」の中です 未だ新人学生の ローマの祭り
を聞きました、素晴らしいと拍手喝采とと行きたいところですが分からなかった。

a0048958_4224077.jpg

こちらは ”Hitomi Uehara君” 彼はエレクトーンによる Jazz を演奏してくれました、こちらは文句なく素晴らしかった が 私がカメラの操作を どじった 為に録音ができて居ませんで皆様にお届けすることが出来ません と悔し涙;彼とはアメリカの Jazz界の話に盛り上がり、又
今でも御年85歳 の”秋吉敏子 とその夫君 ルー タバキン”の話をしました、今は4年生だそうで
未だこれから 大学院に進むそうです、成功と世に感銘を与える音楽をと祈って居ます。



この デジタルブック は ”北海道旧省庁舎の花々です” 音楽と共にお楽しみください。
この赤煉瓦の建築物はいつ見ても懐旧の重いです。



小樽から札幌に向かう電車から撮影した沿線の海岸です、又 小樽駅は高台になって居て駅舎から
真っ直ぐに正面を見ますと海が見えます遠くに青く写って居ますのが小樽の海です。
本当は此処から 義姉 の住んで居る積丹半島まで 義兄の墓参りに行くつもりでしたが、大阪から
来た甥の車で 時間を聞いたら片道2時間半との事でそれでは往復5時間ほどかかり取り止めにしました、大阪の兄嫁は息子の車で雨の中を行きました。
私達は やはり大阪から来た 甥夫婦と小樽の鮨屋街でお鮨 と 観光の為に散歩です、小樽は
札幌から快速電車で40分ですから 恋人達には格好のデートスポットです と 土地っ子若者が多かった、小樽では オーセントホテル に泊まりました、その時に今日最終日の「ヨサコイソーラン祭り」の決戦の結果をテレビで見て全部 北海道勢 が1位から3位まで取りました、参加グループ
250組はあったそうです、特に2位 になった 北海道大学の学生グループは 赤❍どし姿で飛んだれ跳ねたり大奮闘で、昨日の 文化祭 の雰囲気とは180度違い これは これで郷土愛が発揮で
良かったけれども.....。


最後に 北海道旧庁舎 の中庭で披露してくれました チビッ子さんたちの ヨサコイソーラン踊り
をご覧いただいて 長い間お付き合いいただきました 北海道旅行を終わりたく思います。
有難うございました。
[PR]
# by ustomi | 2014-09-04 12:56 | 2014年8月 !!

北海道 稚内・宗谷岬 #5;

6月5日です、 利尻島から稚内に帰り 何かホットする気持ち これは何かなと考えましてやはり
離島から 本州 に近くなったといいますことでしょうか?

a0048958_14221136.jpg

宗谷岬 日本列島最北端の岬です、緯度は北緯45度31分です、わたくしが前に行きました アラスカ北極圏の緯度は 北緯70度でした があそこは冬はエスキモー族しか住めないですが ここは
日本人のみなさん住んでいるんですね、冬の寒さが思いやられます。
お天気の良い日には 遠くサハリンが見えます 今は夕方近くで少し曇って残念ながら見ることはできません、しかしこの稚内から4日間の サハリンへの旅があります、今はロシア人しか住んでいないそうですが 日本国籍でもビザなしで行けるそうです、観光なら。
a0048958_14223415.jpg

a0048958_1423669.jpg

上の 石碑は涙無くしては見れません、戦争は惨いですね、これは 樺太交換台の女性たちが最後の
通信を日本にした有様です、終戦で ロシア軍が南下してくる中職務に付いて居たのでしょう
彼女らは最後の通信を終えた後に 全員が青酸カリを服毒して自殺をしました、たぶん皆さんは20前後の年齢と聞きました、ここに亡くなられた方の氏名が列記されています。
a0048958_14241647.jpg

この碑は天皇の御製だそうですが どなたでしょうか 昭和天皇か今上天皇か知りませんが。
長さん のご指摘でこの 歌を詠まれたのは 昭和天皇だそうです、この遠隔の地に足を運ばれた
昭和天皇は ご自分の 始めた第二次世界大戦に沢山の国民を巻き込まれたことの責任を感じて居られると思います。変わって今の皇室のあり方はまるで週刊誌のゴシップ欄に感じます、彼らの
時代はこれで良いのかもしれませんが、しかし イギリス王室と少しも変わらぬ姿に失望します。
a0048958_14243074.jpg

宮沢賢治 の詩を記念に建てのでしょうか、宮沢賢治 は東北の方ですね、何故ここに有るのか
説明が有りませんでした。
後で調べましたら 最愛の妹を失った悲しみと決別する為にこの宗谷に来たそうですで。

a0048958_14211263.jpg

画像が前後しますが ここの画像は 稚内にある 波坊堤です、高さは見上げるほどです、冬の海の荒れる日はこの波坊堤をゆうに越して波が押し寄せるそうです、稚内は本当に厳しい冬を経験します。
a0048958_14213657.jpg

宗谷丘陵から見た 稚内市内、ここには 博物館も有り固有の動物や植物のはく製または絵などが飾って居ますが それは省きます、先に利尻で皆さんにお見せしたのと余り変わりません、ただし
植物園があったのですが 手入れがしてないためにそれらしき植物は見当たりません。
a0048958_14213813.jpg

氷雪の門 の記念碑です、樺太 で亡くなった方達の慰霊碑、(戦争の傷後は幾世紀に亘って残ります)ここから サハリンが見える日が有るそうです と それほどに近い樺太;
a0048958_1423120.jpg

はじめて 宗谷海峡を渡った外国人です 通過をしたといいます、 彼は 1785年フランス国王の命に依り2隻艦隊司令官として 初めてこの宗谷海峡を通過した ラベルーズ伯爵です、といいますわけで最初にこの宗谷海峡を渡った西洋人でして、その後 オーストラリアまで遠征しましたが その後の消息が不明で、遭難したのではといわれて二度とフランスには戻らかったようです。

a0048958_13564190.jpg

猿払村 の 村営牧場の牛たち、肉牛として育てられています、のどかで広々とした風景でしたが
今夜の ホテル の食事に提供されるかと思ったのですが、豚しゃぶだけでした(笑)。
a0048958_13575484.jpg

この 「望楼」は 樺太が明治7年に全島ロシア領となり日露の緊張が高まり その 防衛の為に 明治35年監視のの為に建設したものでして由緒ある建築物、その後日露戦争で樺太の半分が日本国所有になりましたが、再び 第二次世界大戦にてロシアに占拠されて現在に至って居ます。
a0048958_13572519.jpg

平和の 碑 です、このいわれは1943年 宗谷海峡で アメリカ潜水艦と日本海軍5時間に及ぶ戦闘の末に双方の戦死者は膨大で その記念碑で 「平和の塔」です。
a0048958_13584266.jpg

野生の鹿の群れです、夕方でしたので餌を求めてこの辺りに出てきました、人家も有るのですが
ガイドの話によると毎日現れるのだそうです、人間が危害を加えないからでしょうね。
a0048958_13591210.jpg

a0048958_13585584.jpg

a0048958_140413.jpg

a0048958_1402853.jpg

上の 4枚の画像は ノッシャップ岬の画像です、 日の入りが書れていますね、北国は夏は日が長いです、この時期は日の出は 3時半です、又 宗谷海峡に沈む太陽が素晴らしかった。
a0048958_1413195.jpg

稚内の丘の上から見た 日の入りと 坊波堤、はるかに宗谷の海が夕日を浴びて今まさに沈む太陽を
むかえています、明日も良い天気でしょう(感謝)。

これにて 長い間お付き合いいただいた 稚内、利尻、礼文、の旅を終わり 明日は 札幌に帰ります がその札幌では 親戚一同 28人の大宴会です。

なを 未だあります 最後の 北海道大学のご紹介です 今一度お訪ねください、 新渡戸稲造氏
クラーク博士、そして有名な 北大の銀杏並木などなどご紹介致したく思います 有難うございました。

[PR]
# by ustomi | 2014-08-29 14:24 | 2014年8月 !!

稚内、利尻島、礼文島 #4

今回は たいへん解説が遅れ画像ばかりの日々で申し訳ありません;理由は健康上です、肩こりから来る頭痛で毎日がキリキリと痛みますので タイプをお休みさせていただきました。
さて 離島 は 礼文島です、 此処は花の季節だけが観光期間でして 6月から10月まででホテルは閉まり宿泊施設はは無くなります、利尻は未だ冬山登山があるので観光客は有るのですが、この島は花が売りで その季節が過ぎると何もなくなると言います状態です。
それに 雪が深くなり漁もなくと 昆布の生産ぐらいでしょうか;と言いますわけで旅館代は夏季料金です が 私達こんなもと思って気にしなかったのですが、稚内でタクシーの運転手さんに言われて気がついたしだい、でも人生一度は行きたいですね~。

a0048958_1326568.jpg

a0048958_13263559.jpg

上の2枚の画像は ご覧の様に 礼文島への観光客へおもてなしでしょうか、港前もお土産屋さんが
数件でした、この地は ハイキングにて花を訪ねる旅ですね、この島で咲く 幻の「レブンアツモリ」これが皆さんお目当てですよー。
a0048958_1328361.jpg

上の画像は 私達が宿泊した”ホテル礼文”です、屋上が温泉でして眺めがとても良かったし、部屋も
綺麗でベットでなければ眠られない私達にはピッタリでした、持ち主は 昆布会社を経営していられる方だそうです、早くに利尻から 礼文に着いたので 午後の観光バスまで時間があり、下の
デジタルブックの中の花の大半は このホテルが育成しているこの島独特の花々でして 名前を知ることが出来ました。
a0048958_13281554.jpg

a0048958_132987.jpg

上の2枚の画像は 礼文町 の中心街ですね、お役所や政府関係の期間が有りますが さして若者が行きたい ナイトライフ の場が有りません、それと本好きの私が気になったのが 本屋さんが1軒も無いと言います事、今の季節は(6/5現在}とても素晴らしいお天気で海も凪いで問題なさそうですが、これが冬季になると天候によって船便は3日、4日 と天候が回復するまで無いそうです、新聞などは 4日分一遍に来ると言われて居ました苛酷な季節が続くと言います 離島ならではの話です、又人々は島を離れて稚内や利尻などに冬季は働きに行くそうです。
a0048958_1346254.jpg

これは 礼文の 猫島です 猫の形に似ているからだそうです、本来はこの近辺は花盛りなのですが
時期が早くて残念ながら花を見ることが出来ませんでした。
a0048958_13465120.jpg

こちらは”桃岩” 桃の形に似ているからだそうで、この桃岩もこれから礼文独特の花が咲く予定です
もう一度来たいと真剣思いました。
a0048958_13471249.jpg

最後は 宿の夕食です 海の幸が豊富ですがこの中の魚で「ガヤ」と呼ばれるのが出ましたが 骨に弱い私は手を付けることが出来なかった、給仕の方に このガヤを食べなければ 此処に来た意味がないと言われるほどの美味だそうです、ガヤ の意味は海中でエサ垂らすとそれこそ ガヤガヤ と集まるところから来ています、稚内の魚市場で見たら結構高かったですね。
この時も 従業員は皆季節労働者で各地から集まってこられていまして各自色々な職業の方達でした話が弾んで(どこへ行っても同じパターン)テーブルはにぎやかでした。

デジタルブック仕立ての 礼文の花々です、名称の表示が有るので省きますが 憧れの
「レブンアツモリ」 は野生で パークレンジャーが見張って居ましたね、でも最後の5枚ほどは
野生です、他の花も野生が多いです が 未だ季節が早く花盛りとは言えません、この中に
「エゾカンゾウ」が無いのは その自生地は未だ枯草が映えているだけでした、これが観たかったのに悔し涙です...。


Published by デジブック
スライドショーでおみせする 礼文島の景色です、バスで 4時間の行程です。




島で働いて居た人々の仲間でしょうか、真ん中の鉢巻姿の若者が別れの「謝辞」を声をあげて送って居ました が風で聞き取れなかった、又 私達のホテルの方々が見送りに来られて傘を広げて
”ありがとう” と 又 五色のテープを投げて別れを告げて下さると言います都会では見られない光景でした、少し若いお兄さんの話が長いですが我慢をして最後まで見てください後方は只今新築中の礼文港です。
a0048958_1433521.jpg

港まで送りに来て下さった宿のおかみさん と 従業員の方達 これから来る観光客とその季節が過ぎて本島に帰る方達が今はお迎えに一生懸命です。
a0048958_1435486.jpg

船から見える対岸の 利尻富士 なんてきれいな姿でしょうか;この山は海から眺めるのが一番
姿が良いですね。
a0048958_1441538.jpg

稚内に着きました 日本最北端の稚内駅 と 日本最南端の鹿児島は指宿の”西大山駅”が表示されて居ました。


大変遅い ブログの アップで皆様もいい加減待ちくたびれて飽きて居られると思いますが
これに懲りずにこれから 未だ続く 「日本最北端の宗谷岬」 と クラーク博士で有名な
かの 北海道大学を 有名な銀杏並木や新渡戸稲造氏など 又 文化祭で 演奏してくれた学生たち
の姿をお送りしますので宜しくお付き合いください。

[PR]
# by ustomi | 2014-08-16 01:32 | 2014年 7月!!

稚内 利尻島、礼文島、#3;

本日は 利尻島観光の 最後のご紹介です;
バスでの観光は 楽でよいけれど時間がね制限されて写真がゆっくり撮れないですね、これで
利尻島 を一周したことになります。。

a0048958_14215264.jpg

オタトマリ沼、利尻では一番大きい沼です、今回は 山が沼に移る姿を観ることが出来ませんでしたが、利尻山が手にとる様に見える絶景の場所
a0048958_1422846.jpg

観光バスで連れて行かれた 利尻こんぶ の製造工場です、この時期はまだコンブ漁は1週間先と
聞きました、工場内を見学の後にお土産に とろろ昆布 を一袋下さった;
a0048958_15142061.jpg

この 昆布やさんの前の広場に居た カモメ、すごく体が大きくてそばに来られると怖いくらいです
名前は せぐろかもめ まるで鶏みたいです。
a0048958_14222530.jpg

a0048958_14224353.jpg

a0048958_1423180.jpg

a0048958_14233397.jpg

上の4枚の画像 は 仙法志みさき公園 荒々しい波が打ち寄せて居ました、また この 建立碑は
良く読めなかった...。

a0048958_15185221.jpg

今回宿泊した 鷲泊港 の ホテル 「富士観光 ホテル」とても綺麗な部屋で、サービスの方達
も 季節労働者の若者が多く、お給仕の合間に沢山おしゃべりです、私達の係りの女性は 長野県から働きに来たと 何で?と聞きますとこの季節に働きながら ”利尻富士”に登る為なんてね、今時の若者は元気ですね.. このごちそうのほかにまだまだ出てくるんですけれど別々に運ばれてくるので
先の分だけ、この綺麗な赤のワインは 「ハスカップ」と言います実から作る ワインだそうです
ハスカップ未だ調べて居ないのですがどんな実かな~、この島でも 礼文でも沢山出ました。



鷲泊まり港から初の 観光バスの景色です、 あんまり遅くアップするから 忘れて居る処が多くて
説明に四苦八苦、 鬼脇役場に立ち寄り 明治の頃に生捕った大きい熊のはく製とその時の写真です
この時分は皆今の様に恰好の良い服装が無く皆は綿入れを着て居ましたね、兎も角 この島には
熊やキツネや猛獣が居ませんので きっと稚内あたりから泳いできたのではとの推測です。
また、「北のカナリア」の撮影地も 通りすぎましたが、未だ野原は エゾカンゾウ の季節で無く
枯草だけで失望しました、この草むらに一杯にあの黄色い エゾカンゾウ が咲いて居たらと
もう一度来ようかななんて考えてしまいます。



次の日の朝 今度は 礼文島に行くために宿を出る時 番頭さんが港まで車で送ります と
言われて車に乗せてもらったら、これから 稚内行きの船が出るところで、島の 旅館の皆さん
旗を振り、太鼓を叩いて船出を送って居ます、これは どうも稚内行きだけですね、この後私達は
礼文に行くときは何もなかった、礼文島でも同じで次回の 礼文島 の 巻でお送りします。
[PR]
# by ustomi | 2014-08-08 15:00 | 2014年 7月!!

北海道は 稚内、利尻島、礼文島への旅;#2

さて 今日から( 6/3)は待望の 利尻島へ出発、 稚内の港から利尻島までは約 1時間40分の船旅です。

a0048958_14151186.jpg

稚内港の待合室です、ホテルから タクシーが無かったので歩いて行きました、なんと突風に煽られて一歩進むことが出来ません、砂埃は舞うわ、風で色々なものが飛んでくるわですごい目に会いながらの 稚内港着、ホテルからそんなにないからと言われて歩いて怖い目に会いました。
a0048958_14154171.jpg

遠くに見える 船がこれから利尻島に向かって航行する「ハート ライナー」です、この船舶会社は
利尻、礼文、又は 稚内→利尻、→礼文、と色々なコースを廻る船便です、忙しいお方は 稚内→
利尻→礼文→稚内 と一日で廻ってしまう旅行者も居るようです、現に私が最初に宿泊した 利尻の宿に朝の5時ごろバスが迎えに来て出て行った旅行者の一団が居ました 宿の方に聞いたらこれから
利尻島、礼文島、稚内 に帰る人々だそうで夜は遅くに稚内に着くそうです、私達の様に一島一泊なんて悠長な方達ではないようです。
a0048958_1416434.jpg

待合室に飾って居ます、キャラクターです、特に 礼文島は本当に 5月から10月までの期間しか
ホテルはなく、皆宿は10月いっぱいで閉めるそうです。
a0048958_14162394.jpg

ハートライナー の船内の座席と様子です 私達知らなかったので後からゆっくり乗船したらもう皆さん足を床に伸ばして座る場所が無かったのです、これはちょっとオドロキデス が船首の方に探しに行ったら空いていて助かりました、船首は揺れが大きいので船酔いがするのでしょうが おかげさまで私達は二人とも20年以上のメキシコにての釣り船で鍛えていますから何ともなかったです。
これからの1時間40分の利尻島への旅の始まりです、付け加えますとこの席部分は土地の人々が
働きに行く人たちでした。
a0048958_1416512.jpg

遠くに今離れた 稚内の街や山が見えます 後日この山の後ろ側にある 日本列島最北端の「宗谷岬」に行きます がそれは又後でご案内です。
a0048958_14172161.jpg

a0048958_14174019.jpg

波がしらを上げて 船は一路 利尻に進んで行きます。
そのうちに待望の 利尻富士が遠くかすかに景色の中に浮かんで見えてきました」、風は寒くないですが未だ船内から出るのはチョットと言います気分で窓越し写した為に水滴が....。





利尻島 で初めて訪問の 「姫沼」です 画像に説明文が書いてあります、周囲 1.2キロの距離なので歩いて廻ることが出来 また遊歩道が設備されていますかららくちんです、相方は膝が痛いと言って バスのパーキング場にある 食堂で ホタテの焼いたのと ビールでご満悦です、この様に
何にも興味が無い人は知りません、マッタク....。
[PR]
# by ustomi | 2014-07-26 14:17 | 2014年 6月!!

北海道は 稚内、利尻島、礼文島への旅;#1

先に掲載の 「ヨサコイソーラン祭り」の続きとと思ったのですが こちらが一番先に来た場所。
この景色で 思えば’遠くに来たもんだ とこの言葉が思わず口に出ました~。
LA→東京→札幌→稚内、日本列島一番北の端ですからね、これから この稚内を拠点に 利尻島、
礼文島、そしてもっともきたの端 {宗谷岬を)順序を追ってお送りします これ長くなるけれど
宜しくお付き合いください。

a0048958_14241231.jpg

グリーン車 のサービス ガール。稚内駅、JR のもっとも北の端の駅舎稚内と道標 をコラージュで。
a0048958_14245284.jpg

稚内駅の建物の内部です、モダンな建物ですね、ここから繁華街までは徒歩2分くらいで何もなく
シャッターの降りたお店ばかり、でも魚の市場、ラーメン屋、魚料理屋はいかにも北の漁業の町らしく沢山有りました。
a0048958_14251431.jpg

JR の 北の果ての終点駅 北緯45度25分03秒うーん 北だなと思いました、
日の出は 3時35分、日の入りは 7時46分。6/2 の記録です。

a0048958_14253719.jpg

可愛い 接客係の女性です 5時間は私達と一緒に旅ですね、雑誌や新聞をグリーン車の客にいかがと聞いています、私は絶対見たことのない ”女性週刊誌”をこの際どんなものかと借りました。読むところ無かった、カメラで撮影に多忙と眠くてね。
a0048958_14261169.jpg

ご覧の様なもの 説明はなしでお分かり頂けます。
a0048958_14302777.jpg

JR 最北端の鉄道線路。泣いても笑っても これから電車はもうない と 言います意味です、右端に円形に見えます ビルでイング は宿泊先のANA Hotelです、この隣に体育館があり温泉設備も有る様でしたたぶん 町営 でしょう。
a0048958_14263417.jpg

a0048958_14265621.jpg

a0048958_1427161.jpg

ANA Hotel の 部屋から見た 北の海です、この日はお天気が良くて暖かったです、一直線に
海に向かって作られている壁は ”防波堤です” この高さでも波が冬の海が荒れた日越すそうです
近くまで最後の日に行きました が巨大な高さ。
近くに見えているのは 海上巡視艇ですね。

Published by デジブック
デジタルブックで仕上げた 札幌から稚内 5時間半の記者の旅の風景です、説明文が書いてあります、是非読んで頂けたらと思います、今は季節が良いですが 冬の雪と寒さはことのほかと思います
目に映る新緑はすがすがしいばかり。

[PR]
# by ustomi | 2014-07-11 15:24 | 2014年 6月!!

北海道旅行 順序不同 #1;

皆さま 長らくご無沙汰いたしました、3週間近い日本訪問と帰国後の思わぬ事態が起こってアップ
が遅くなりました が はじめて観ます「ソーランヨサコイ祭り」札幌市にての様子を2回に分けてお届けいたします。
北の国の短い夏はこの様な派手な催しで始まりました、実はこの前に東京に4泊してからの北海道ですが暑かったです、東京5/28から5/31までこんなに暑い目に会うとはでして、それに追い打ちをかけられて 札幌1日の暑さよですこの画像は 6/7です このほかに 大通り公園でも開催していました そちらの方は 翌日の 6/8 に見に行きましたが生憎の雨にたたられ踊り手はびしょ濡れで気の毒でした。


a0048958_14375190.jpg

札幌駅です 5年ぶりの札幌どんどん大きくなって行きますね、雪の結晶の時計は素晴らしかった。

こちらは出演者の名前がわかりませんが 北海道の何処かの街から来られました。


a0048958_1453324.jpg

a0048958_1505560.jpg

上の3枚の 動画と画像はこの踊りに初参加した子供達です、上手でした、踊りが始まる前に待機して緊張する上は中学生から下は小学生までです、踊りが終わったあとに可愛いお嬢さんたちに写真をお願いしました、見事な Vサインですね、可愛いかった。



a0048958_14554269.jpg

次は 少し年長のお姉さん達で 写真余裕をかまして皆がこちらを向いて Vサイン、踊りは
矢張り子供さん方と違い迫力満点♪。


さてこちらの踊りの集団は 遠く 千葉県、船橋市から参加された方達、見事な踊りでした、
先に むしの日さんがどのように太鼓を体に巻き付けたのかとご質問が有りましたが帯の下に括り付けて、次には撥に変えてダイナミック踊ってくれました、題名は「歌舞伎」です、風が強くてマイクの声が飛んでしまい説明が聞き取りにくかった、でもこの 船橋市組は 参加踊り組200組以上有りましたが 最後の 決勝戦12組に残りました と 遠く千葉から来て下さり良かった...。

a0048958_14384455.jpg

a0048958_14392072.jpg

a0048958_14393981.jpg

a0048958_14402812.jpg

a0048958_14404916.jpg

a0048958_14411587.jpg

上の 6枚の画像は 札幌駅前の舞台で披露された皆さんの衣装やいろいな姿を収めました
初日でしたので 子供さん組が多かったけれど札幌の街は踊り一色でした。
続いて第2日目をアップ致しますお楽しみに、一度は見たいと思っていた「ヨサコイソーラン祭り」
出会えてラッキーでした。

[PR]
# by ustomi | 2014-06-30 15:01 | 2014年 6月!!

最後です、 インデアン居留地、Casino、ワインの里です;

最後の ドライヴ旅行記 サンデイゴをでて 帰路のの途中の景色です。

a0048958_14595213.jpg

a0048958_151519.jpg

a0048958_151215.jpg

上の三枚の画像は サンデイゴから北に向かって行く隣の街 「Es Codedo」です、ここには
中菱の家庭が多く大変綺麗な街ですし、又歴史も古いです。
此処には 往年 の 有名な スイングバンド ” Lawrence Welk氏 所有の 見事なゴルフ場が有ります、 と 何もご案内は出来ないのですが 今はこの様な スイングバンド は皆無ですね
アメリカも R/B の世の中になって 昔の番組で放映するくらいです、大人はやはりあの 
流れるような ダンス音楽が懐かしいです。
なをこの幾何学的な建物は シビック センター で 官庁に関する手続きはすべてここに集中している模様。

a0048958_1514236.jpg

こちらの フリーウウェイ は サンデイゴから発しています Interstate#15です。
この インターステート の意味は各州をまたがって走る 高速道路でのこと。
California→ Nevada→ Utah→ Idaho→ montana州からカナダ国境まで続いています
南は メキシコ国境から北は カナダ国境までと 5州 にまたがって走っている高速道路、
途中 Las Vegas、モルモン教の聖地 ソルトレーク市、イェローストン を横目で見て ジャガイモの最大産地 アイダホ州、などなど中々物語が一杯詰まった高速道路です。

a0048958_152050.jpg

a0048958_1543852.jpg

a0048958_155038.jpg

この三枚の画像は #15 を降りて 田舎道を走りました、この辺りは インデアン リザベーッションでして、この土地はましですが 普通 インデアン リザベーッション はもっと荒れた土地です、特にネバタ、ユタ、コロラド 各州 は何も生産が出来ないような荒れ地が多いです。
道端に有る 野菜売り場この土地で栽培している野菜が売られていました、 この土地は「PALA」
と言います町の名前でして 開墾のお蔭で名産のアボカドはよく育ちます、今回は アボカド と
チモイヤ(メキシコ野菜でサラダやスープに向いている)。
どうでしょう この田舎道に忽然と現れた 見事なビルでイング、これは Casino です。
カリフォルニア州 といいますか最近は インデイアンリザベーッション にCasinoを立てることが許可されました が インデイアン族には資金力が無く、この資金は既存の Las Vegasなどで
Casino を経営している大資本が参加してすべての資本を賄い今後10年間はその利益を州に3%
その他は このインデアン部族にこれから還元しその後は資本を出資した企業の利益になるような仕組みになって居ます。
この田舎道を 沢山 のギャンブラーがせっせとお金をばらまきに来てくれ、この部族の人々を潤してくれます。



この Mission は LA PALA MIssion です、サンデイゴ デル レイ の傘下にあるmission
この地に住む インデイアンの人々の教会です、建立 は1816年です、素朴な missionですが
趣があり、この人里離れた土地にふさわしい教会。
画像をクリックして頂くと スライドショー でご覧になれます 丁度この週は パームサンデイでして パームの葉が飾ってあります 、次は イースターサンデイが来ます。


a0048958_950505.jpg

a0048958_9511217.jpg

a0048958_951359.jpg

上の3枚の画像も やはり インデアン カジノです、先に見ました LA PALA よりもっと資本力がある経営者が参画したのでしょう最近立派になりました「Pechanga Casino」です が この辺りは インデイアン リザベーッション とは言い難いほどにかいはつされて居まして これは少し変だぞとの印象を受けて居ます。
なを ショーの看板 に :Kenichi Ebiina” と有ります この方は NBC放送局が主催している 「タレント ショー」を勝ち抜いてきた ダンスの名手です、このアメリカでこの様に番組で東洋人が勝ち抜けるのは中々難しいですが 彼は審査員一同が最高得点を出しました、今では プロの
ダンサーとして色々な劇場で公演をしています。

a0048958_9515796.jpg

a0048958_9521976.jpg

a0048958_95241100.jpg

a0048958_953232.jpg

a0048958_9532257.jpg

a0048958_9535045.jpg

a0048958_9541433.jpg

LA から 90分で行ける Temecula Wine Yard です、 数多くの ワイン醸造元があり
試飲などのサービスを盛んに行って居ます 案外と大都市 LA から近いし ワインの醸造元が
余り離れて居なくて ワイナリー巡りには最適です、 此処は先に紹介しました Casino から
高速道路を10分ほど走ると Rancho California Blvd. から奥に2マイル入ったところから
無数のワイナリーが有ります、 有名ワイナリー を2.3か所ご紹介、遠くに 「Calaway Winerly」も丘の上に見えます、このキャウエイは ゴルフ用品の製造会社が経営しています
味はマア=でしょうか、他のワイナリーも案外と安く買えますが平均 1ボトル30ドルくらいかな
北の Sonoma にはポッコラ監督が’経営する ワイナリーも有りますが ここのワインは高く平均50ドル以上です、有名人が結構このワイナリーの事業に参画しています。
この地には LA より90分と近いので よく友人と来ます手じかな土地。
カリフォルニア は今では世界を凌ぐワインの産地で、私的には セントラルコーストのワインが好きですね、このセントラルコーストは LAから北に向かってサンフランシコを差します。


長い間 2泊3日 の San Diego 便りにお付き合いいただき有難うございました、色々と変わった民族や風習などご覧いただけましたでしょうか? 有難うございました。
[PR]
# by ustomi | 2014-05-24 14:55 | 2014年 5月 !!