人気ブログランキング |

2013年 06月 11日 ( 1 )

東京、伊東温泉、大阪の夜、紀州~と盛り沢山;

a0048958_634198.jpg
a0048958_6343922.jpg

この日は 帝国ホテルでは沢山の結婚式が挙げられていました、その一つ 正面ロビーの花の前で新郎、新婦 が記念撮影をするための準備中....、振袖姿は良いですね、その他に続々と花嫁&花婿で
ホテルの ロビー はごった返していました、跡で暦を見たら ”大安”となって居ました。
この近代的な世の中でもやはり ”大安”大事なんでしょうかね、そうそう エレベーターの前を占領して カメラに向かって自分の唇を写させていた花嫁も居ましたと ともかく土曜日のホテルはものすごい事になっています毎度のことながら(笑)。
a0048958_635195.jpg
a0048958_6351640.jpg

伊東温泉の景色です、昨日は東京も雨’、こちらも雨の日でしたが、今朝は晴れて遠くに島影も見える浜辺の景色、この温泉地に来たのは何十年ぶりですね、未だアメリカに行く前だったから数えるのが分からないくらい< その数年前に 熱川温泉に行ったけれど 安宿で(これは夫がリンクで見つけた)私からものすごくクレームをつけられて、彼も反省かな と 今回のホテルはよかったですね
温泉饅頭山ほど買ってアメリカ土産にしました と この饅頭は結構評判がよかった。
a0048958_6353021.jpg

この男の子 伊東駅のホームに居ました、中々洒落た服装でその趣味は抜群でしたので、写真を撮らしてもらいまして、これをブログに載せていいかと聞きましたら、OK だそうです、'粋な でも少し照れてこんな格好になってね。
a0048958_6354920.jpg

こちらは同行の女性達です、気楽に写真に納まってくれましたから、Hollywood に売り込んでおくねと約束しました(笑)、他にも3人は居ましたが男子学生は恥ずかしがりでして逃げてしまいました。高校生でしょうか?
a0048958_636565.jpg

伊豆の海を車窓から写しました。
a0048958_6362784.jpg
a0048958_6364731.jpg

通天閣です、大阪は なんばの駅の上に有る スイスのホテル会社の 経営する「スイス ホテル
なんば」です 何でもヨーロッパ風でしてアメリカ人の私達には チマチマ した感じです がやはり一流ですからそれなりに綺麗です と毎回大阪はここに 泊まります。
通天閣は懐かしいですね、その昔 夫の会社の本社が本町に有ったので、私ははるばる大阪に来ました、そしてカルチャーショック を大変受けてね、例えば 「新平民=同和部落」この人々は
私は 島崎藤村の小説の世界のと思って居ました、未だその時には厳然と有ったのです ”耳成部落”と言いまして、関東では聞いた事も無かった現実が(驚き)、未だ河内方面にもありましたね
今は彼等は今までの差別を受けた代償として国家から大変優遇されていますそうです と アメリカの インデイアン を想像させられます と 何処の国にもある事実;
話し変わって通天閣には良くゆきました、”串かつ”を食べに 私達は 堺市の「仁徳御陵」のそばに住んでいました、会社の社宅。通天閣には 阪堺線に乗ってね、と大阪は懐かしい思い出が沢山ある街です。

a0048958_637878.jpg
a0048958_6373180.jpg

大阪の街の朝日です、ホテルの窓から見えますこの 「空中庭園」 昔の 南海球場のの跡地です
そこで 私はハタと思いました、「南海ホークス」 は何処へ行ったのかと、大阪を離れてからの物語でしたね、外国に住んでもう日本の情報も乏しくなって、そういえば 「ドカベン」といわれた
香川君が居たっけなどと記憶はあいまいになり、それで調べて見ました ダイエー ホークス となって 福岡、九州 に身売りをされて行ったのでした が その ダイエー も会社更生法になり
ソフト バンク になったのでした、歴史は目まぐるしく変わり今は九州の野球団となり淋しいです
良く野球フアンの私は家から近いから球場に通いました と 野村や鶴岡監督など思い出します。

a0048958_6375283.jpg
a0048958_638888.jpg
a0048958_6382541.jpg

最後の3枚の画像は 紀州は紀南です、お天気がよくて海の水は素晴らしく青々としています、この近辺は”日本のコートダジュール”だそうです(笑)、3年前に私達の毎回泊まる「ダイワホテル」は和歌山県の植樹祭に 天皇、皇后、がお見えになりそのp時期は5月でして、私達の宿泊する10日前でしたが ホテルはひっくり返って居り 誰も客をとらない様にしていましたね、内装に汗を流していました と この近辺の畑道まで舗装してね、こんな事ではこのお二方には本当の町を見てもらえないのではと案じました。
最近は 「熊野古道」も 世界遺産に登録されて、中々設備も整って来ましたし、夫の実家の前にあります 「悲劇の人有馬の皇子」の碑も日の目を見るようになりました と 昔はこの碑はなに?なんて状態でしたが。

by ustomi | 2013-06-11 06:39 | 2013年 6月!!